ページの読み込みが終わるまで、少し待ってね❤
チンピクした、エロいものをピックアップ!どこかおかしい、結構マニアックかもしれない…そんな動画と画像を紹介中!■http://eroimo.jp/

おすすめ相互リンクサイトの更新情報



→ セフレ探し男性の登録はこちらから!     → セフレ探し女性の登録はこちら

 PR
 PR
今日のエロゲ画像はこちら。

いや~もう、外は桜が満開ですね。外でニヤニヤするには最高の季節です
素人娘だけを狙った盗撮&ハメ撮り専門サイトです。ヤラセ一切無しのノーカット編集で公開してますので他サイトでは興奮を得られないマニアの皆様は必見です!何も知らずに盗み撮られている素人娘の醜態を堪能して下さい。

■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■
白人・黒人・素人・アニメ無修正を待たずに見られるストリーミングで一挙公開!
■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■
綺麗系のみ厳選! 淫蕾艶舞でクッキリ◎見れ、視界は良好♪
■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■
【男根冥利】グッチョリま○こにズッポリち○ぽ生挿入?ドッピュンコでもう大性交♪
■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■
【独占★素人ハメ撮り動画!】 → 無料サンプル配信中 ←
■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■




お買い得コンドーム(144個入り) 1コあたり…12.3円
■1,780 円  
使用感も一般的なコンドームと比べて遜色もなく、普通のコンドームがなんと…144個も入っています。おもちゃプレイやローションプレイはもちろん、アナル・オナホのお供にはお買い得コンドームが超オススメ!!

ローション1000mlアルミパック
■880 円
お買い得な業務用ローション。一気に使って贅沢なローションプレイを楽しむのも良いですが、長期保管できるように注ぎ口に封があるので、小分けにして使用することも可能です。おすすめは、小分けした後にメンソールクリスタルを入れてスースーするローションを作ったり、少量の精製水を入れて粘度を下げたり…使い方は自由です!(使い方を思いつきすぎて困る位…w)
粘土やや濃い目(通常ローションの3倍程度だと思います)・無色・透明のローションです


ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!
 PR
 PR
今日のエロゲ画像はこちら。

ここは一つ、オヌシの一物を
我がマンコに入れてみぬか?




SEXの時に言う決め台詞…ってのを、なんとな~く
掲示板で見たのですが…
この台詞には吹いたwwww

全然関係無いネタを振りつつ…今日のエロゲ画像を紹介しまーす。
最近、どうもエロゲ画像が多いって話ですが
溜めすぎてうpしないと、どうしようも無いんです…すまない

■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■
中出し当たり前!本物の素人の子を撮り続ける1000人斬り!
■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■
あどけない表情を浮かべる女の子達の恥ずかしいアソコはすでに濡れまくり!
■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■
可愛い女の子がザクザク発見できるサイトはやっぱり素人党!
■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■
未公開素人人まだ見たことの無い無修正動画をピックアップ。
■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■■エロゲCG■



■くノ一 みみず千匹 ■くノ一 カズノコ天井
各・400円
ミミズ千匹と、数の子天井の忍者姉妹は、コストパフォーマンスも素晴らしい!!
始めは、ローションが少ないかなぁ?といった印象ですが、カップを握り締めハァハァしていると、徐々にローションが染み出してきます。400円と、かなりリーズナブルな値段ですが、樹脂とスポンジの2層構造なので、抜いていてチンコが痛くなる…なんて事もありません。
どんどんとヌルヌル感が増してくる所もクノイチカップの素晴らしい所。本物のような感覚が味わえますよ
数の子の方が、ざらざら感が強く、強い刺激が良い人にはおすすめですが、僕個人としてはミミズ千匹をおすすめしたい。
まったりとした感触が、よりお○んこっぽくてオススメなのです

(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア / \ ア / \ ア


ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!
 PR
 PR


ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!

関連タグ : 日本人, 画像, フェラチオ, バキューム, 咥える, お口, フェラ顔, 女子大生,

 PR
 PR
クリトリス肥大(陰核肥大)特集前回の巨大クリトリス特集のリクエストにお答えして…
巨クリ特集第2弾

ちなみに、第1弾はこちら
陰核肥大特集。 略してデカクリ祭り
肥大化についても触れています。


clit pump
かなり大きめなクリトリスをポンピングしながら、
バイブを突っ込みジュポジュポする動画
最後はポンプごとしごきあげます

Big Clit
こちらは、ギンギンにおッ立ったデカクリをしごきながら
手マンする動画。硬度のある巨クリがしごかれる様は圧巻です!

Big clit, big nipples
若干、彼女(顔は写っていませんが)のお年が気になる所ですが、
持ち物の大きさは凄いです。巨大なクリトリスをしごいたり、ピクピクとチンピクさせたりと…
とにかくやりたい放題(笑)クリトリス肥大化も見事ですが、乳首の肥大も相当なモンです。

Denise Masino - Huge Clit
先細り気味のデカザネさんかと思いきや…見事な亀頭部分を露出してくれます。
クリトリスをしごく様はなかなかオツ。結構若いお嬢さんです。

big clit
褐色の肌を持った女性。
オナニー→クンニ→挿入→本番→クリトリスアップ(くりちゃんに発射)
と、意外と長い動画です。最後のクリトリスのアップシーンでは…
はっきりとした亀頭を見る事ができます。外見もポンピングしたクリトリスよりも自然な印象です
元々大きなクリトリスの持ち主なのでしょうか?
ちょっと古め(若干…ノスタルジーなかんじ)な百合物動画ですが、
この女性のクリもデカイ!百合特有の、ひたすら舐め倒すしつこい動画ですが
この大きなクリトリスは、短く刈り込まれた陰毛では到底隠しきれず…
立たされただけでも羞恥プレイ(?)といった印象です。
デカクリ女を責めるおねーちゃんがまたカワイイです。(*´д`*)
Huge Clit massage
ピンク色をした大きな陰核を丹念に、こねこね~っとマッサージ。
凄く…気持ちよさそうです。


クリトリス肥大・クリトリス調教・クリトリスポンプなどの肥大グッズはこちらから
バーマンセンター・クリトリスポンプ・セレーヌ
バーマンセンター・クリトリス
ポンプ・セレーヌ
ニップルポンプ
ニップル
ポンプ






ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!

関連タグ : 外人さん, 動画, デカクリ, クリトリス, 肥大化, 陰核, でかざね, 巨クリ, ポンプ,

 PR
 PR


ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!
 PR
 PR
それはQ2絶頂期、社会的問題になり、公衆電話からかけられなくなりつ
つあった頃。当時私が住んでいたアパートの向かいの公衆電話が、まだQ2
に使えたこともあり、Q2カットしたにも関わらず、夜な夜な電話へ行って
いました。多分その番号はもう使われていないでしょう。(番号も忘れたけ
ど)
 フツーの伝言です。男性のオープンにぶっこめる。女性のオープンが聞け
る。プライベート・ボックスに相手からの伝言が入り、それを聞いてまた伝
言をかえす。もしくは直電番号を入れる。今と変わりはありません。
 私もフツーの伝言を入れていました。

午後9時着信。何度か直電が入り、楽しく話をしていた。僕が「なりきりプ
レイ」の話をすると興味津々の様子。今でいうイメクラ・プレイですが、当
時はそういうものはまだなかった。電話Hも何回かしたあと、「女子高生と
教師」というパターンで、実際にやってみない? と提案すると、意外にも
ノッてきた。しかし約束するも僕の仕事の都合で、一度延期。金曜の夜10
時、京王井の頭線神泉駅上りホーム端にて待ち合わせ。当日昼までに、僕の
留守電に当日の服装を入れておく約束なるも、午後9時まで入らなかった。
しかし、すっぽかす気にもなれなかったので、ホームでまっていると、水色
のサマーセーターを来た女の子が「○○さん?」と近づいてくる。
高千穂商科大2年 20歳。身長152 センチ 86-60-88 Cカップ(実測)
ルックスは中の中。どこにでもいる、フツーの女の子。見た目年齢18歳。
腰からももにかけての脚線美はなかなかのもの。私はその辺のチェックはあ
まりしないのですが、興味のない私が見ほれるほどいいものがあり、サマー
セーターなのに、外から見ても「すごいもの」だとわかるふくらみもなかな
か良い。

「一杯やっていく?」という僕の提案に、「トイレに行きたい」と応えた彼
女を連れて速攻円山町へ。
 彼女は3か月前に好きな人にバージンをささげたのだが、その男は鬼畜な
ヤロー(僕に言える資格はないが)で、彼女がいるにも関わらず、その子を
抱いて逃げてしまい、やけくそになった彼女は伝言やテレクラに電話しまく
り、それまでに7人とやった、と言っている。(我々にとっては願ってもな
い相手) 
 部屋に入り風呂を勧めたのだが、入らないということで、さっそく本題
へ。 立ったまま背後から美代子を抱きしめるだけで、「ああ……」とあえ
ぐ。こんな女は初めてだ。お尻をなでまわすだけで「あん、あん……ねぇ、
痴漢して、最初は痴漢ごっこしよ、ねえ」などと、私の脳ミソを爆破するよ
うなことを言う。
「痴漢されたいのか、そんなに」
「いつも……いつも思ってるけど……」
「いつもって、特ににどんなとき?」
「満員電車に乗ってるときとかぁ……」
「本当の痴漢にあったことは?」
「あるぅ……」
 私の手が絶え間なく美代子の尻をなでまわしているので、半分あえぎなが
ら美代子は告白する。
「どうだった? 感じた?」
「う、うん」
「どこをどう触られたのか、俺に告白しなさい」
「え、やだぁ……」
「やだじゃない。そうしないと、何もしないよ」
「え、……あの、最初はお尻に何かあたったと思ってたんだけど……人の手
で……私のお尻を、あぁ……、なでていて……」
「そのときどんな服装だったの?」
「今とそんなにかわらない……白のブラウスに、タイト・ミニスカート……」
「その痴漢には胸は触られた?」
「う、うん……片方の手でお尻……お尻を触られながら、後ろからね、後ろ
から胸をもんできたの」
「そのとき、美代子のあそこはどうなってた?」
「え、もうわかんないぐらいびしょびしょに……」
「びしょびしょに、何?」
「濡れてたのぉ」
「痴漢に触られて濡らすなんて、美代子はなんて淫乱なんだ?」
「だって……だって感じちゃうんだもん……」
「どのくらい触られてたんだ?」
「15分くらい……」
「あそこに指は?」
「入ってきた……」
「こんなふうに?」
僕は指をパンティの隙間からねじ込んで、美奈子のおまんこに指を這わせた。
「あん、ああ、だめ、あ、やっばり、感じちゃうぅ」
「だめなのか、いいのか、どっちなの? ほら」
 言葉で攻めながらクリをいじると、
「ねぇ、先生と生徒でしようよ、お願い。楽しみで来たんだから……」
と意外な発言。美代子は「AV見れるの?」と火に油を注ぐ発言する。すば
やく2CHをつける。僕はソファー、彼女はベッドサイドに座り、プレイの
前打ち合わせ。
「社会科教師である僕は、不純異性交遊の疑いで、美代子を社会科準備室へ
呼び、無理やりレイプする」という設定(今考えても陳腐(笑))。

「先生もこんなことは信用したくないんだが……」
「え?」
「お前が男と不純な行為を……」
 芝居もそこそこに、美代子は背後のテレビから流れる女性のあえぎ声に気
を取られ向こうを向き、「あ……すごい」と呟く。映像にはやはりレイプさ
れ、しかし感じている女性。
 その日の美代子はひざ上15センチのミニだったので、パンティも丸見
え。「先生の話を聞かないか」と、僕が彼女をそのまま押し倒す。
「本気で抵抗していい?」と彼女は言うので、頷くと本当に抵抗してきた
が、得意の柔道の寝業のような形で美代子の両腕を封じる。
 彼女の右腕は僕の左わきの下で押さえつけられており、左腕は彼女の頭の
下をくぐらせた僕の左手でしっかりホールド。この形でも僕の右腕はフリー
だ。両足は開かせた形でやはり僕の両足を使って押さえる。これで好きなよ
うにいたぶれる。
「いやん、先生、何するの」
「先生が検査してやる」
「いやいや、やめて……誰か来るかも」
「先生は帰ったことになってるんだ」
 芝居を続けながら、美代子の胸をもてあそぶ。美代子が淫乱体質でMだと
いうことは、それまでの電話や、さっきの疑似痴漢プレイで判っていたか
ら、わざとハードに攻めた。
 サマーセーターの上からワシッと胸を掴む。
「ああっ……いやん」
「本当は感じてるんだろ」
「そんな、違うっ、先生本当にやめてぇ」
「どれ、乳首は何色だ?」
 首筋やみみたぶをベロベロ(わざと下品に)なめながら、サマーセーター
をずりあげると、白いブラが見えてきた。
「普通のブラだな。校則どおりだ……しかし、中はどうかな」
「や、や……」
 ブラの上から乳首をトントンと軽くたたく。乳首はボッキしていたので、
外からも位置が簡単にわかった。
「ん? こんなことをいつもしてるのか? え?」
「ちがうっ、違います……あん」
「どれ、色のチェックをしような」
「だめぇ」
 美代子は完全に役になりきっていた。しかし、その反応はまさしく美代子
そのものだ。
 ブラを上の方までずらすと、さっきから僕を刺激し続けていたバストが顔
を現した。遊んでいるほど黒くもなく、くすんだピンク色で、張り裂けんば
かりに勃起している。
「こんなに興奮するのか、いつも」
「そんなっ、違います、いやんっ」
 例によって唾液をつけた指で乳首をなでまわす。美代子にはいつものよう
なじわじわプレイは無用だ。これはレイプなのだから。
 乳首をつまみ、ねじり、ひっぱったかと思えば指の腹や掌でころころと転
がす。
「あん、だめ、お願い、やめてください」
「どれ、味はどうかな」
 耳たぶ、首筋とたどった僕の舌が、美代子の唇へ。しかし、彼女はキスは
そんなに慣れていないようで、あまり舌をからませてこない。そのまま乳首
に吸いついた。
「あっっ……あん、あん」
 僕が吸ったり転がしたりするたび、美代子はヴィヴィドな反応をみせる。
これは本物の淫乱だ……
 そう思った僕はさらに残虐度をアップさせた。
「さあ、下の方はどうなってるのかな」
 ことさら冷静な口調で美代子を責める。
「え、いや、先生、そこはやめてください、お願いっ」
「触られたらまずいことにでもなってるのか? 不純な遊びをしていないな
らこんなことでは感じないはずだぞ」とでまかせを言いながら、スカートを
まくりあげ、パンティの上から乱暴にオマンコをこすりあげる。
「あああああっ!」
 それまでとは明らかに違う、自虐的な歓喜の声を美代子はあげた。
「ほら、その声が証拠だ。え? 何をしたんだ?」
「何も……、何もしてませんっ」
「まだそんなことを言うのか!」
 今度はクリの辺りを集中的に責めたてる。指の腹でねじ込んだりトントン
と叩いたりすると、美代子は目をうるませながら、
「お願い、やめて……」と女子高生を演じ続けた。
 僕は彼女を乱暴に抱き起こし、背後から一気にセーターを脱がせ、ブラも
取り去った。セーターのえりくびから頭が抜けるとき、「きゃ」と言ったの
は、羞恥心の現れだろう。
 上向きにツンと向いた乳房はほどよくふくらみ、大きいと言われる僕の掌
でも納まりきらない。背後から乳首をやわやわともみしだき、正面にある鏡
に向かって言う。
「ほら、お前は今、こんなにいやらしいことをされて、こんなに胸が大きく
なってるじゃないか。乳首もいやらしい色だ」
「いや、そんなこと言っちゃいやっ」
「お前はもっと恥ずかしいことをしないと、直らないんだな」
「ええっ」
 テーブルの上にはビデオカメラを置いていた。「こうするともっと興奮す
るよ」と前もって言っておいたのだ。実際に肉体を責めるにはバイブ、精神
的に責めるときは、言葉、鏡、カメラ、ビデオを僕は使う。(カメラは実際
に使ったことはないが)
「あれ……録ってるの?」
 プレイを始めて美代子が素に戻ったのはこれが2回目だ。
「いや。電源が入ってるだけで、回ってない」
 そう聞くと美代子はまたプレイに戻った。
「ほら、お前のいやらしいオマンコを録ってやるぞ」
「や、や、だめぇ」
 背後から抱きすくめる形で美代子の足を広げさせる。もし、カメラが回っ
ているのなら、大股開きの美代子の肢体が収録されているはずだ。
 足を閉じようとするのを押し戻しながら、パンティの上からクリを刺激し
たり、乳首をつまんだりし続ける。
「こんな生徒は初めてだ。お前のことを先生はもっと知りたくなった」
「え?」
 僕は隠し持っていたメジャーをだした。
「先生が身体測定をしてやる」
「いやん」と言うも、そんなことはおかまいなし、バストを図る。
「バストは……86か。大きいな」
 ことさらいやらしい声で美代子の耳元にささやく。
「さあ、犬のようによつんばになれ」
「あぁ……」
 素直に犬のかっこうになった美代子のスカートを取り去り、ウエストと
ヒップを計測し、数値をつげてやる。いやに美代子がおとなしいと思った
ら、目の前にあるAVを目をさらのようにして凝視していた。
「おまえはなんというふしだらな生徒なんだ。おまえのようなやつは、こう
してやる!」
 美代子をふたたび押し倒し、左手で胸を右手でクリを直接さすり続ける。
「あ、あん、あん、先生っ、いっちゃいそう、あーんっ」
 しばらくクリを擦り上げたが、いきそうなるのを見計らってサッと手を
引っ込める。
「あ、あーん、いや、いや」
「お前はいったいどうしてほしいんだ」
「え、あ、わかんないぃ……あん」
 僕は美代子の脇の下をペロペロなめた。きっと美代子なら……。
「あ、いや、そんなところ、はじめてっ、あ、い、い」
「いいのか、いやなのか、どっちだ」
「淫乱に、そんなとこ、なめられたら、美代子、淫乱になっちゃうぅ」
「もう、淫乱になってるぞ、お前は」
「そ、そんなぁ、違う、こんなの、美代子じゃないっ」

 そんなに淫乱だった美代子もフェラだけは拒否した。「いや」と言うの
で、芝居か本心かわからなかったのだが、語尾の感じから本心と悟る。

「お前のようなどうしようもない淫乱な生徒は、きついおしおきをしなけれ
ばなおらないな」
「えっ、もう、お願い許して……」
 両足首を持ち、抱え上げオマンコを最大露出させる。
「さあ、おしおきだ。でも、お前にはおしおきにはならないかもな」
 僕はわざと凶暴そうにニヤリと笑ったが、美代子は素に戻って僕にお願い
をした。
「お願い……優しくしないで。無理やり入れて」

「さ、入れてやるぞ。な、ここに何本入れたんだ? 処女か? そんなこと
はないよな、何本だ?」
「あぁ、言えません、そんな、そんなこと」
「ん、そんなはずはないだろ、言ってみろ、『美代子は、美代子のオマンコ
に50本入れられました』って」
「そんな、そんなに入れてないっ」
「そうか、やっぱり入れてるんだな。じゃあ、何本だ?」
「あ、あーんっ、許してくださいっ」
「言え、言わないと……」
 僕はリクエスト通り、一気に美代子のオマンコにペニスを突きたてた。
「あああああぁっ」
 腹の底からのものすごい声で美代子があえぐ。すぐに激しく機関銃ピスト
ンを開始した。
「あああぁ、先生、更衣室で私の着替え、見てたの、先生なの」
「そうだ」
「私の、授業中、私の胸、じーっと見てたの、先生、私をこんなふうにした
かったからなの?」
「そうだ。ついでに言うなら、お前に不純異性交遊の噂なんかない。先生が
デッチあげたんだが、まんざら嘘でもなさそうだな」
「ひどいっ、ああ」
「さあ、何本いれたのか言え」
「み、美代子は……美代子の、お、オマンコにぃ、5本入れさせました」
「じゃあ、先生が6本目か」
「は、はい」
「これから先生のドレイになるか」
「は、はい……美代子は、あああ、先生のセックス奴隷になります。好き、
好きなのぉ」
 そんな芝居を続けながらも、美代子はオマンコをびしょびしょに濡らしな
がら、ぐいぐいしめつける。人数が多いと言っても、ほとんど1回きりだっ
たから、そんなに使い込んでいるというわけでもない。しかし、オナニーは
毎日していると言っていたから、こんなに感じるようになったのだろう。
 芝居を続けていた美代子だったが、ついに素に戻った。痛みを訴えはじめ
たのだ。
「おねがい、許して、痛いの、お願いっ」
 しかし、僕は芝居の中のレイプ犯になりきっていた。痛い? よし、俺が
イクまで痛くしてやろうじゃないか。
「うるさいっ、お前はレイプされてるんだっ、ぐちゃぐちゃ言うな!」
「あーっ、お願い、あんあんあん、あ」
 感じている声と、痛みによる声を交互にあげながら、美代子はぐったりと
なっていった。僕もそろそろイキそうになり、美代子の体の上に大きくかぶ
さり、両足を自分の肩に載せて、奥まで思いっきり突きまくった。
「ああーっ」
 美代子が断末魔のような叫び声をあげた。
僕は美代子の奥に放出した。美代子はそのまま眠ってしまった。

 美代子とはそのあと再び疑似痴漢プレイに誘われたが、休憩時間がせまっ
ており、手持ちのお金もなかったので、ホテルを出た。彼女は西永福に住ん
でいたので、渋谷から下北沢までは一緒に帰った。電車の中で痴漢プレイで
もしようと思ったが、彼女はグッタリとしたまま、ようやく立っているとい
う感じだったので自重した。
「じゃ、またね」
 下北沢で彼女とは別れた。その後連絡はない。

 この話を読んで、「これ、作ってるんじゃない?」と思われた人もいるか
もしれません。ごもっともです。ふつう、こんなにそのときの会話なんて覚
えてませんよね。
 しかし、本文中に出てきた記述に注目していただければわかると思いま
す。そう、鬼畜な私はビデオカメラを回していたのでした(笑)
★☆★ライブチャットエンジェルキッス 無料体験あります♪★☆★


ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!

関連タグ : 体験談, 素人, 中田氏, おいしい話, ツーショット, エロゲ, JK, CG,

 PR
 PR
木曜午後2時着信。(相手は公衆電話だったような)20分ほど話をして、
小田急千歳船橋駅前マクドナルドで待ち合わせ。16歳 都立高校1年。
帰国子女(5年ほど米国・デトロイト在住)身長154 センチ ルックスは上
の中。薬師丸ひろこ似。84-57-85(推定)Cカップ(これは聞いた)

 電話で話をしてるときから、ちょっと言葉使いは変(乱暴というのではな
く、欧米人の話す日本語特有のなまり)だったので、期待半分で待ち合わせ
場所へ。彼女が近所に住んでいるらしい。
マクドナルドに着くと、自動ドアに高○生が一人もたれている。しかし、
待ち合わせは中で、と言っていたし、第一今までの経験上、その子はクオリ
ティが高すぎる(笑)。
中に入り、グルッと見回すもそれらしい人がいない。さてはまた、やられた
か……と思い店を出ると、さっきの女の子の視線が合う。すると、その子が
僕を見て電話をかけるジェスチャーしたので、半信半疑ながらうなずく。
 なんと、その子だった!
小田急に乗り新宿へ。(私はほとんど渋谷なのですが、これは唯一新宿にホ
テルに行ったもの。これも珍しい)
 彼女は都立の単位制高○(その年にできた)だと言ったので、どこの高○
もわかった。(新聞に出ていた)どうも、帰国してから寂しかったらしい。
新宿駅地下街をぐるぐるまわってウィンドウ・ショッピングしたり、お茶し
たりとフツーのデートを小一時間。(でも、アクセサリー・ショップに連れ
ていかれたので、「援助目的か?」と勘繰ってしまった)
 前にも書いたとおり、デビュー当時の薬師丸ひろこに似てる。声もかわい
い。なぜ、なぜ、こんな子が?
 デートしてる時は、手をつないだり、腕を組んでいたが、彼女の豊かな胸
に私の左腕のひじがつんつんあたる。そのムニュッという感触でもう勃起状
態。
 歌舞伎町のHへ入る。彼女は特に何も言わずついてきたが、私の頭の中に
は「淫行、淫行」という言葉が駆けめぐり、今にもドアを蹴破って警察が突
入するのでは、という幻想にとらわれる。いかんいかん、こんなこと考えて
いたら、俺の暴れん坊将軍様が役立たずになってしまうと気を取り直す。彼
女はスカートが制服、上は着替えていた。学校からの帰宅途中だったらし
い。制服のスカートもチェック柄なので、パッと見には制服に見えない。

 彼氏はいない、漢字がよく読めない(笑)、など世間話をして、
部屋にあったカラオケで1曲ずつ。彼女は久保田利伸を歌う。英語の歌詞は
さすがに発音がすばらしい。歌い終わると僕が、
「うまいね、ごほうびをあげよう」と、彼女をギュッと抱きしめ、
背中をやわやわとさする。掌を翻し、爪の甲で背中をなぜると、
彼女の肩が少し震えてきた。僕の胸にピッタリと顔をうずめている。
怖がっているのかな、と思ったのだが、そのまま背中をさすったり、
耳たぶをチロチロッとなめたり、軽くかんだり、お尻をなでたり彼女のボデ
ィをチェックする。彼女のからだはピッタリとくっついているので、その豊
かなバストも十分感じられた。彼女もついに僕の背中に手を回してくる。
 まるで何年も付き合っている恋人同士の抱擁だ。腕を少し緩め、
「顔、みせて」というと、そのかわいいルックスが再び姿を現す。
目がすこし潤んでいる。軽くおでこにキスをすると、なぜか少し笑ったの
で、「あー、馬鹿にしたなぁ」と、今度は唇へ。
 最初はかるく、チュ、チュ、という感じだったが、僕がたまらず舌を
差し入れると彼女は大胆にも応えてきた。
 ものすごくキスがうまい。さすが、外国育ちは違う。などと見当違いのこ
とを考えながら、5分ぐらい唇を吸い合っていた。
「私、キスするのが大好きなの」
「とてもうまいよ、向こうで覚えたの?」
「え、でも私一人しか経験ないよ」
(嘘つけ! 一人でこんなキスするか!)と思いながらも、
「じゃあ、僕が2人目になってあげよう」と囁き、ベッドへ押し倒した。
 彼女は特に抵抗もせず、目をとじて待っている。服の上からバストを軽く
揉み上げると、ようやく聞こえるような小さな声で、
「あ、……ああっ」
 服の裾から手をしのばせ、ブラの上から乳首のあたりをトントンと軽くた
たいてあげると息づかいが荒くなってくる。たまらず、服をまくりあげて、
胸の盛り上がりのすそ野あたりを、舌でなめ回したりしながら、再びキス。
今度は彼女の方から舌を入れてきた。甘い唾液がからまりあい、ジュポジュ
ポといやらしい音をたてる。キスしながら、背中へ手を回し、ブラのホック
をはずした。キスをして頭が真っ白さなのか、覚悟してるからなのか、抵抗
はまったくない。
 乳首の色もうすいピンクで、ほとんど吸われたことはないようだ。
(あとから聞いたがセックスは僕が二人目だった)
左の乳首の周囲を舌でくるくると刺激しながら、右の乳首は、唾液で濡らし
た指で、やはり同じようになでる。乳首はもちろんビンビンの勃起状態。そ
のころには、十分に大きな声で「あ、あああ、あっ……あん」
 乳首にあたるたびに「あんっ」と言うので、僕もかぜん興奮。
舌で周囲をなめ回したあとは、いよいよ乳首を舌でちょんちょんと刺激。軽
く吸ったり噛んだりしながら、スカートを脱がしていく。
パンティはフツーの白。清純そのものだ。しかし、パンティが一部がやはり
少し濡れていた。
「もう、こんなに濡れてる。上からわかるよ」
「だめ、見ないで、お願い」
「だめ。こんなに可愛い顔してるのに、こんなにやらしい子は、僕がおしおきしなきゃ」
「え」
 すかさず、パンティーの上から割れ目を刺激してあげると、
「あん、だめ、感じすぎちゃう、だめ、みゆき、変になる」
「いっぱい変になっていいんだよ」
 クリをこねくるようにいじりたおすと、腰がひくひく動いてきた。
「やっぱ、みゆきちゃんっていやらしいんだね。じかに触ってない
のにこんなに濡らして」
「ごめんなさい、許してぇ」
「じゃあ、なめて」
 僕はすばやく裸になり、ギンギンのペニスを取り出した。
 彼女の目はじっと僕のモノを見ている。
「さあ、なめて」
 彼女は返事をするかわりに、僕のモノを握り、かるくさすった。そして、
そのかわいい口に僕のものを含み、チロチロっと先っぽをなめる。テクニ
ックはまったくないし、うまくもないが、さっき彼女の言ったことは本当
だと思った。彼女はフェラチオの経験がほとんど(もしくは全く)ないのだ。
 彼女はしばらくすると、口からペニスを取り出し、
「これで許して」と物乞いをするような目つきで僕を見つめた。
しかしこれで終わるはずもなく、
「だめ、そんなんじゃ俺、イケないよ」
と、再び彼女を横たえさせ、パンティをはぎとった。抵抗はそんなにしなかった。
 みゆきの裸はきれいだった。僕は、思わず彼女の足を開かせ、オマンコを
なめはじめた。さっきおもちゃにしたクリトリスは皮が半分むけ、真珠色を
した本体がちょこんと露出している。強くなりすぎないように、舌でさわさ
わとなでると、これまでよりも激しく彼女はビクンビクンと体をふるわせ
た。声も、声というのではなく、息を飲むような「あっっ」という感じだ。
穴の方からはタプタプとジュースが溢れ出てくる。味や匂いはほとんどしな
い。シーツにまでいやらしい印が残されていく。
 僕は小陰唇のビラビラにそって舌を這わせながら、指でたえまなくクリを
刺激する。ビラビラをぐるっと一周すると穴に人指し指を第一関節まで挿入
し、入口の当たりをプルプルと震わせた。
 みゆきの目は、何かを求めるような目つきに変わっていた。最初に会った
ときのような清々しさは消えて、快感のみ欲しがる淫乱な目だった。クリを
ひとしきり舌で遊びおわると、ゆっくりと挿入しようとした。
(? 入らない?)
 一瞬違うところに入れたのかと思ったが、それほど彼女のヴァギナは狭か
ったのだ。僕は入れては少し引き、また入れては少し引くといった感じで、
清純な*6歳のヴァギナに侵入していった。そして、奥に届いたとき、いっ
たん入口近くまで引いてから、一気に奥まで挿入した。彼女の息を飲む声が
聞こえる。
「うわぁん、すごい、すごい、奥まで、奥まで来てるよぉ」
「どう、僕のは」
「おっきい、すごいおっきい」
 というような会話をしながら正常位のまま、ピストン運動をしばらく続け
ていたのだが、彼女は痛みを訴えはじめた。
 表情で嘘ではないことがわかったので(自分のペニスに伝わる感覚ももの
すごくせまかったこともあり)、僕はそれ以上の行為を断念した。
彼女は本当に済まなそうに、「ごめんなさい」と言った。

 その後、二人で横たわりながら、彼女は僕のペニスを、僕は彼女のバスト
やクリをいじっていた。彼女の声がまた大きくなっていく。
同じように僕のペニスをしごく彼女の手の動きも激しくなり、ついに僕は彼
女の手によって射精した。
 そのあとふたりでお風呂に入り、そのバスタブの中でも彼女にフェラチオ
させた。自分の中で行かせることができなかったことに罪悪感を感じたの
か、今度はすんなりとうなずいた。あいかわらず下手だけど。
 帰りも同じく小田急にて。電車の中でみゆきは、
「また、会える?」と聞いてきたが、当時別に彼女のいた僕は、つきまとわ
れることを懸念して、
「うーん、来週から忙しいからなぁ」と言ってしまった。(本当に忙しくな
る予定だったのだが)
千歳船橋の駅で一緒に下り、
「それじゃね」と僕は次の電車でそこを離れた。

このみゆきちゃんが僕の経験した中で一番の上玉でした。
今から考えると、ものすごくもったいないことをしてしまったものだと反省
しております。やっぱ、僕は根が真面目だから(どこが?)遊びでつきあう
には彼女はかわいすぎたのです。
ライブチャット無料de比較DX


出典:Cafe Gentleman
リンク:Cafe Gentleman


ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!

関連タグ : 体験談, ナンパ, テレクラ, 素人, 中田氏, JK,

 PR
 PR
日曜午前9時着信。1時間話して、午前11時に渋谷のSEED館前待ち合わ
せ。15分ほど遅刻する。
H155  80×58×85(推定) Aカップ。18歳。
 細い。髪は黒でロングのストレート。K3年生。(全寮制の学校だと言っていた)
 ルックスは下の上。歳より少し幼くみえる。
 前日から友達二人とディスコに行き、ミスタードーナツで夜を明かしたの
だが、友達はこの日ある模擬試験にいったらしい。自分も行こうかどうしよ
うか迷ったが、結局行かないことに。(僕は「行ったほうがいいんじゃな
い?」とすすめたのだが、それがいい印象を与えたようだ)

 待ち合わせ場所には彼女しかいなかったので、すぐわかった。一応ホテル
へ行くかどうか聞いたのだが、「(ホテルに)いくんじゃないの?」と逆に
言われた。しかし「やっぱり最後まではしたくない……」と言う。別に最後
までとは考えていなかった(ホントに)ので、すぐホテルへ。
 エレベーターの中でキスをすると、ちょっと体が震えていた。部屋に入っ
てもすぐには行為をしなかった。受験生ということで、勉強の話とかをしば
らくした。

 電話で「タバコの匂いが染みついた髪を洗いたい」と言ってたので、お風
呂を勧めると「眠ってしまいそうだからやめた」と言うので、それじゃあ
と、ベッドに押し倒し、セーターを脱がせて、ブラウスのボタンを3つほど
外し、胸をはだけた。小さい。乳首を吸うと「いたい」という。下のほう
は、パンティの上からなぞる程度。肩を抱きながら、ペニスへ手をもってい
くと、こねくり回す。テレビをつけてAVを見せながら、ペニスで遊ばせ
た。「フェラして」と言うと、素直に口の中に含んだ。

 うまい。セックスの経験は2か月前の、処女喪失の時の1回だけだと言
う。しかしフェラチオは抜群にうまい。亀頭の上をチロチロとなめながら、
手でタマをモミモミともみほぐす。舌はウラ筋をスーッと下りてきて、サオ
をペロペロと嘗めまくる。また、口に頬張り、右手でしごきながら、左手は
タマやアリのとわたりをなでまわす。まるでプロのようだ。その技は、その
手の雑誌で研究したと言っていた。僕が声を上げるともっと激しく舐めた。

20分ほどフェラチオは続いた。そのあと二人で並んで横たわり、頭上にあ
るTVのAVを見ながら、彼女は手でペニスをしごきつづけた。僕は彼女の
胸を激しくもんだり、なめたりした。僕は彼女の手で発射した。(ちなみに
自分以外の手で出したのはこれが初めて(笑))不感症ぎみだと言っていた
彼女だが、「すごく興奮した」と言っていた。ホテルを出て、お茶したあ
と、彼女と別れた。

というわけで行為にはいたらず。とほほ。


ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!

関連タグ : 女子高生, 体験談, ナンパ, おいしい話, テレクラ, ツーショット, 素人, フェラチオ, JK,

 PR
 PR
それはNTT伝言ダイヤルをやりはじめて、2週間がたったころ。最初の
3日はまったくあたりがなく、「本当につれるのだろうか」と疑心暗鬼に
なっていた。それでも、しこしことメッセージを入れていた。すると、つい
にきたのです。
日曜午後11:00 着信。相手はすぐにでも会いたそうな感じ。30分を話して、
午前1時上野の丸井前待ち合わせ。私はそのころは上野に行ったことがない
くらいだったが、タクシーで首都高を飛ばして10分前に着く。それらしき人
が2人。その二人が一緒にしゃべっているので、友人同士だと思ってリスト
からはずした。途中酔っ払いのサラリーマンに声をかけられても、追い払って
いたのだが、そのうち1人が駅のほうへ行ったので、根性だして声をかける。
その女の子だった。なんと至近距離で30分も立っていたことになる。彼女が
「一番近いのは鴬谷よね」と言いながら、タクシーを止める。そのま
まタクシーに乗って鶯谷へ。降りるとき、運ちゃんに「がんばってねー」と言
われた。余計なお世話だ(笑)彼女は恋人と別れて2か月、ずっとセックスし
ていなかったらしい。
身長155  85×62×88(推定) Dカップ。21歳。
眼鏡使用(後から聞くとダテメガネ)
 中肉中背、髪は黒でセミロング。職業はフリーターだという。
 ルックスは中の中。悪くはない。特にメガネを取ると印象がガラリと変わ
る。歳相応というところ。
 テレビを見ていたが、ロクな番組がないので切る。彼女は眼鏡を取り、服
を脱ぎはじめる。けっこうでかい胸。下着代わりのTシャツをグッと持ち上
げている。その隆起はまるで漫画に出てくるそのままの姿だった。乳房の下
のほうがしわになっていて、その陰影もまたちんちんにくる。そのままベッ
トイン。キスとフェラチオは拒まれた。もしかしたら、私を玩具代わりに使
う魂胆なのかもしれない。でも、いいかと思い、豊満なバストをちゅうちゅ
うと吸いながら、揉んでいると、少し声が乱れてきた。「はあ、はぁ」とい
ういやらしい吐息が聞こえる。あまり、大きな声を出さないところは物足り
なかったが、乳首をころころしたあとに、舌をすっとおまんこの方へもって
いくと、そこはもうびっしょり。
ゆきこのおまんこはまあまあ、使っているな(笑)という程度の色素沈着
で、なめるにはもんだいなし。べちゃべちゃクリをなめまわし、胸をもみま
くる。オマンコに指を入れ、Gスポットのあたりをグリグリこねくりまわす
と、「あぁ、いきそう、いきそう」と言いながら、弓なりになって果てた。
そのまま寝てしまう。
 あまり話も合わず、たぶんこれ1回だろうと思ったのだが、彼女は僕の電
話番号を控えている可能性があったので、カバンを探る。手帳には案の定、
僕の名前と電話番号があったので、そのページをやぶりとった。もちろんネ
コババなんてしない。彼女の名前はやはり偽名で、僕の他にもう一人男の名
前があった。
 5時ごろ、こっそりと一人で部屋を出る。「仕事が早いので先に帰る」と
書き置きをしておいた。


ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!

関連タグ : 中田氏, 体験談, エロゲ, ナンパ, おいしい話, ツーショット, テレクラ, 素人, 18禁, CG,

 PR
 PR
第一章 カナコ・・・出会い

 8月の始め、暑い日差しが照り付ける毎日。あれは、まだ僕が初めて伝言ダ
イヤルに電話をかけるようになって間もない頃であった。ここ何日か恒例のよ
うに昼休みにオープン伝言に録音していたが、返って来る返事は何度もはじめ
ましてって入れてくるサクラと援助目当ての女子高生ばかりだった。やっぱり
伝言なんてこんなもんかなぁと半ばあきらめかけていた。

ある水曜日の夕方、いつものように伝言の返事をチェックするとレスは3件。
1件めはいつものサクラ。2件めはぼそぼそ言っていて良く聞き取れない。
また今日も駄目だったかぁ。と思いつつ3件めのレスを聞く。しかしそのレス
はいままでと違う雰囲気を感じた。レスの内容はこんな感じだった・・・

「こんにちは。私、こういうところに初めて電話するので何を話してよいのか
わからないのですが、あなたのメッセージを聞いてとてもやさしそうでゆっく
りと落ち着いた感じがしたのでお返事してみました。私は新小岩に住んでいて
あなたと同じように結婚しています。年齢は25才です。ちょっと住んでいる
ところが離れているようですが、もしよろしければまたメッセージ頂ければ嬉
しいです。それでは失礼します」

とてもかわいいらしく、それでいてしっかりとした口調で話ていたのが印象的
だった。すぐにメッセージを返した。内容はこんな感じだった・・・

「お返事ありがとうございます。とてもかわいらしい声をされているのが印象
的でした。横浜と新小岩だったらそれ程遠くもないですよ。私は東京へ仕事で
行く事も多いですしね。もしよければ一度電話で直接話できたらなぁと思いま
す。もしよろしければPHSの番号をお伝えしますがいかがでしょうか・・」

その週に3回ほどメッセージのやり取りを繰り返し、翌月曜日にPHSに電話
をくれることになった。

月曜日、その晩は前の会社の連中と飲みに行く約束が入っていた。店に入りP
HSの電波状況を確かめた。アンテナは1本か2本。場所によっては入らない。
これはまずいなぁ。でも今更店を出るのもなんだし・・・。そう思いながらも
飲み会が盛り上がってしまい、22時頃お開きとなった。念の為PHSの留守
電を聞いてみたがなにも入っていなかった。やっぱり電話なんかくれる気はな
かったのか?それとも電話してくれたが繋がらなかったのか?でも何度かメッ
セージのやり取りをしていて、少なくともサクラではないと感じていた。

一応、彼女のBOX番号にメッセージを入れておくことにした。
「今日は、友達と飲み会でした。PHSが届かない店に入ってしまったので、
もしかして電話くれても繋がらなかったのではないかなと思ってメッセージ入
れておきます・・・」

しかし、その週に結局返事はこなかった。やっぱり伝言なんてこんなものか。

翌週、僕は珍しく朝にオープンの録音をしようと電話をかけた。すると新しい
メッセージが入っていた。録音日時は金曜日の夜11:30。その声を聞いて
僕は飛び上がるほど嬉しくなった。彼女からの返事だった。

「お返事が遅くなってごめんなさい。月曜日に電話したのですが繋がりません
でした。そのあとは子供が風邪ひいたりして忙しくて今になってしまいました。
またPHSに電話してみます。本当にすいませんでした」

よかった、ポアされたわけではなかったんだ。取り敢えずレスを返しておく。

「時間があったらでかまいませんので今日の夕方6時頃にPHSに連絡頂けま
すでしょうか?。よろしくお願いします」

そして夕方6:10、PHSに着信。
  浜「はい」
カナコ「はじめまして。大石と申しますけど、浜さんですか?」
  浜「あ~、はいはい。分かります。電話ありがとうございます」
カナコ「今電話してて大丈夫ですか?」
  浜「ええ、大丈夫です。お待ちしておりました」

最初はお互い緊張気味に話し始めた。彼女は3才の男の子がいて昼間は保育園
に預けてお菓子屋さんでアルバイトしているそうだ。5分ほど軽く話をしてい
ると緊張も解けてきた。話も結構合いそうである。

  浜「ところで、もし時間があったら一度お会いして食事でもしませんか?」
カナコ「ええ、そうですね。どうしたらよろしいでしょうか」
  浜「カナコさんの都合のいい日はありますか?私の方は今週だったら水曜
    と木曜以外なら時間取れます」
カナコ「急なんですけど明日の火曜日はいかがでしょうか?主人が休みで、子
    供の心配しなくてもいいものですから」
  浜「わかりました。結構ですよ。では明日の火曜日、夜7時に銀座マリオ
    ンの○○銀行の前でお待ちしています。背格好とか服装とか目印にな
    るようなものを教えて頂けますか?」
カナコ「では薄い青のワンピースを着ていきます。背は155Cmくらいで、
    髪は肩くらいまでのストレートです」
  浜「僕はダウンタウンの浜ちゃんに似てるんですぐ分かると思いますよ」

翌日、果たして彼女は本当に来るのであろうか。

翌日、火曜日。僕は車を西銀座の地下駐車場へ入れた。時間は夕方6:30。
ちょっと早かったか。伝言ではじめて会うこともあって緊張してきた。どんな
女性が来るのだろうか?声はかわいかったがとんでもないバケモノが来たらど
うしよう。もしそうだったら逃げようか。でもPHS番号は押さえられている。
食事くらいはして追い返すか?でも結構かわいいかもしれない。頭の中をいろ
いろな想像が駆け巡る。

6:50、PHSが鳴った。
  浜「はい」
カナコ「大石ですけど、すいません。ちょっと遅くなってしまいます。7時半
    くらいになってしまうと思いますけど。本当にごめんなさい」
  浜「ああ、いいですよ。適当に時間つぶしてますから、あせらないでいい
    ですよ。走って怪我しないようにゆっくり来て下さいね」
カナコ「ありがとうございます」

この電話でとても気分が落ち着いた。これでドタキャンはなさそうだし、どん
な女性にしろ性格がとてもよさそうではないか。

7:20、またPHSが鳴った。
  浜「はい」
カナコ「今、有楽町に着きました」
  浜「分かりました。○○銀行に前にいますから」

さあ、いよいよご対面の時が来る。心臓がドキドキしてきた。え~っと確か青
いワンピースって言っていたなぁ。駅から歩いてくる人波に視線を向ける。

そして、やがて青いワンピースを来た女性がこちらへ歩いてきた。彼女か?す
っごいカワイイ娘だぞ?彼女だったらテレはいらない特上だぞ?違うかな?
でも歩きながら視線が泳いでいるぞ。誰か探しているみたいだ。きっとそうだ
声をかけてみよう。

  浜「あの。大石さんですか?浜ですけど」
カナコ「あっ、はいそうです」

彼女はちょっとうつむきながら答えた。かなり緊張しているみたいだった。

  浜「はじめまして。すごくカワイイ方なんでビックリしましたよ。私はこ
    んな感じなんですけどどうですか?」
カナコ「カワイイだなんてそんなことないですよ。浜さん29才っておっしゃ
    ってましたけど若く見えますね」
  浜「取り敢えず、お食事でも行きますか?なにか希望はありますか?」
カナコ「希望は特にないですけど、今日は仕事忙しくてお昼食べてないのでも
    うお腹ぺこぺこです」

すこし笑顔が出てきた。

  浜「じゃぁ、イタリア料理でいいですか?」
カナコ「あっ、私パスタ大好きなんです。うれしいなぁ」

食事をしながらいろいろと話をした。初対面なのに何かと話が合った。食事の
好みや服装の趣味、他愛もないことだが好みが合うということだけでとても親
近感が沸いた。カナコは結婚前に某企業の受付け嬢をしていたそうだ。受付嬢
にふさわしい雰囲気をまだ持っていた。しゃべり方やしぐさもとても好感が持
てた。僕の名刺を受け取る時なんてもう「では頂戴致します」なんて言いな
がら受付嬢そのままという感じだった。ワインの酔いも手伝って話題は途切れ
ることなく続いた。気が付くと時間は10時になっていた。

  浜「まだ時間大丈夫?もう10時だけどダンナさん心配するんじゃない?」
カナコ「ええそうですね。浜さんも奥さん心配してるんじゃないですか?」
  浜「取り敢えず外出ましょう」

会計をしていると後でカナコが財布からお金を出していた。

  浜「ここは、いいですよ。僕が払いますから」
カナコ「でも私今日遅刻しちゃったし」
  浜「じゃあこの次機会があったらお願いします」
カナコ「はい。今日はごちそうさまでした」

外に出て歩き始める。カナコはちょっとほろ酔い気分のようだ。ちょっと足元
がふらついていた。

  浜「カナコさん大丈夫?」
カナコ「はい。ちょっと酔ってしまったみたいですね。つかまって歩いてもいい
    ですか?」
  浜「もちろんですとも」

僕の右腕につかまりながら暫く歩いて行った。腕にカナコの胸が軽くあたる。
服の上からはよくわからなかったがかなり大きそうだ。DかEカップくらいかも
しれない。このままどこかへ行ってしまおうか。でも今日はもう時間が遅い。

  浜「カナコさん、何時頃まで大丈夫ですか?」
カナコ「やっぱり11時頃までには帰らないと・・・。浜さんは?」
  浜「僕は何時でも大丈夫だけど。でも今日は帰りましょう。ダンナさんと
    お子さんが待ってますよ。でもまた会って頂けます?」
カナコ「はい。また時間作ってお会いしましょう。今日は本当に楽しかったで
    す。ありがとうございました」

駐車場に行って車に乗る。助手席のドアを開けてカナコを乗せ、そしてドアを
閉める。普段はやらない行動だがこういう時はなぜか自然にやってしまう。

カナコを送り届ける間もいろいろ話をした。
カナコが昔、憧れていたけど結局告白せずに終ってしまった男性の声に僕の声
がすごく似ているそうだ。最初伝言のメッセージ聞いた時にハッと思って思わ
ず返事を返してしまったらしい。その時はまさか実際に会うとは思っていなか
ったそうだ。

カナコの家からちょっと離れたところに車を止める。

  浜「今日は本当に楽しかったです。今度はもうちょっと時間があるといい
    ですね」
カナコ「こちらこそありがとうございました。また連絡します」

こうしてカナコとの最初の出会いは無事?何事もなく終った。


第二章 カナコ・・・お台場で


 カナコとの初デートの後、何度か伝言でメッセージのやり取りをしていた。
僕は2週間後の9月の始め頃の幕張で行われるイベントの時に昼間会おうとい
う事でカナコとアポを取っていた。今度は昼間から会えるので時間もたっぷり
ある。とても楽しみにしていた。

8月最終週の月曜日、仕事が終って帰りかけた時にPHSが鳴った。
  浜「はい」
カナコ「大石と申しますけど、今大丈夫ですか?」
  浜「ええ。大丈夫ですよ」
カナコ「突然すいませんがあのぉ、メッセージ聞かれました?さっき夕方5時
    頃入れたんですけど」
  浜「あっ、ごめんまだ聞いてない。どうしたの?」
カナコ「やっぱり聞かれてないですよね。実は今日、子供を実家に預けて、時
    間が空いたものですから、もし浜さんのご都合がよろしければお会い
    できないかと思いまして」
  浜「うわ~、嬉しいなぁ。今丁度仕事終って帰ろうとしていたところなん
    ですよ」
カナコ「あ~良かった。じゃあこれからお会いできますね」
  浜「じゃあ、7時半頃でいいですか?場所は東京駅の八重洲口の・・・」
カナコ「はい。わかりました。では後程」

今日のカナコの服装は真っ白いツーピースのスーツ。スカートはかなりのミニ
であった。なかなか男心をそそる服装であった。

  浜「さて今日はどこ行きましょうか?お腹の空き具合は?」
カナコ「じゃあお食事しましょう。この間の分、今日は私が払いますから」
  浜「どこにしようかなぁ。そうだ、お台場行ってみましょうか」
カナコ「えっ!お台場ですか?私行ってみたかったんですよ。嬉しいなぁ。
    すごく奇麗なんですってね」
  浜「僕も今日初めて行くんだ。テレビでしか見たことないけど、お店とか
    できて奇麗らしいね」

お台場はこれがまたビックリするほど奇麗だった。いつのまにこんなに開発さ
れてしまったのだろう。正直行って度肝を抜かれた。お台場ではまたイタリア
料理の店に入った。僕もパスタは好きだがカナコも相当パスタ好きのようだ。
結局またいろいろ話込んでしまい、時間も10時を過ぎてしまった。

  浜「そろそろ出ようか」
カナコ「はい。今日は私が払いますからね」
  浜「はい、じゃあお願いします。ごちそうさまでした」

外に出て、お台場海浜公園を散歩する。途中ベンチが3つ並んだ一角があり、
二つは既にカップルが座っていたが、端の一つが空いていてそこに座った。
目の前にはレインボーブリッジがそびえたっていた。とてもロマンチックな
雰囲気だった。

  浜「カナコさんと一緒にいると本当にとても楽しいんだよね。時間もあ
    っという間に経っちゃて、もっと時間があるといいんだけどね」
カナコ「私もとても楽しいですよ。もっと時間があればいいですね」
  浜「本当なら、このままどこか二人っきりになれるところに行きたいん
    だけど、でもお互い家庭もあるしやっぱり無理しちゃいけないって
    思うんだ。カナコさんとはできれば長くお付き合いしていきたいっ
    て思っているしね。だから今日も11時までには帰ろうね」
カナコ「そうですよね。浜さんのそういうやさしいところが気に入ってこう
    して一緒にいるんですよ。やっぱり家庭を第一に考えて、時々息が
    詰まるようなことがあってもこうしてお話してすっきりできればい
    いなって思います」

ふと気が付くと隣のカップルは熱い抱擁を初めていた。僕はカナコの肩に手
を回した。カナコは自然と僕にもたれかかってきた。隣のカップルはダッコ
ちゃんスタイルでベロンベロン、キスしていた。

  浜「カナコ。キスしてもいい?」

カナコは一瞬うつむきかけたが、すぐに顔を上げた。僕はカナコの唇に僕の
唇を近づけ、そして触れた。柔らかく暖かい唇だった。そのときカナコの首
すじからとてもほのかに香水に匂いがした。とてもいい匂いだった。
唇を開いて舌で軽くカナコの唇を舐める。カナコも軽く唇を開いて応えてく
れる。カナコの舌と僕の舌が絡みあう。僕は左手をカナコの胸に持って行っ
た。思った通りかなり大きいようだ。ブラジャーがあるので形まではわから
ないがDカップ以上あるのは間違いなさそうだった。カナコは抵抗しなかっ
た。カナコの口から吐息が漏れる。ときどきピクッっと反応する。

長いキスだった。5分以上はキスしていた。唇を離すとカナコは僕の耳にキ
スしてきた。耳の穴に舌を入れて舐めてくれた。耳を舐められたには初めて
だった。今のダンナに教わったのだろうか?
僕はカナコのフトモモに手を置いた。ゆっくりとカナコのフトモモを撫でる。
閉じていた足がだんだん開いてきた。フトモモの内側を撫でているとときど
きピクッとしながら吐息がだんだん荒くなってきた。パンティの上から指を
割れ目の辺りに沿えると軽く「ああっ」という声を出した。

でももう時間切れだ。帰らなくてはいけない。家庭を持っている者同士、無
理してはいけない。

  浜「今日は残念だけど、もう帰らなくちゃね。また来週のゆっくり時間
    取りましょうね」
カナコ「はい。また来週楽しみにしています」

カナコを送っていく車の中でカナコはずっと僕の左手につかまってもたれか
かっていた。ここだけの話だが、僕の車は右ハンドルだけど輸入車だ。だか
らウインカーが左側に付いている。カナコを送っていく間、右手でウインカ
ーを操作せねばならずとても不自由な思いをしたのであった。


--------------------------------------------------------------------------------

第三章 カナコ・・・幕張で

9月の第一週。その日は幕張でとある展示会に行くということで一日時間を
開けておいた。そして午前中に幕張本郷駅でカナコと待ち合わせた。5日前
の電話では今風邪ひいてしまい熱が39度もあるとのこと。でもなんとか直
して行きますと言っていた。僕は無理だったらキャンセルしてもいいからね
と言っておいた。

その日、カナコは結局来た。でも風邪は完全には直っていない。熱も微熱が
あるようだ。

  浜「大丈夫?無理しないほうがいいよ」
カナコ「大丈夫です。薬でちょっとボーっとしてるかもしれませんけど」
  浜「じゃあ、とりあえずどこか喫茶店でも行こうか」

幕張プリンスの「トップオブマクハリ」へ行った。ミルクティを飲みながら
暫く話をする。でもやっぱり体調はすぐれないようだ。

  浜「やっぱり今日はゆっくり休んだほうがいいんじゃない?」
カナコ「でもせっかく会えたんですから、ドライブくらいなら全然平気です」

車に戻り、ちょっとドライブする。調子悪そうなのでどうしようか迷ういなが
らも言ってみる。

  浜「じゃあどこかゆっくりできるところ行こうか?」

一瞬、沈黙が流れる。

  浜「それどころじゃないよね。あははは」
カナコ「いえ、そうじゃないんですけど・・・・」
  浜「いやぁ僕はカナコさんと一緒にいられるだけで十分楽しいんだよ。そ
    りゃ男だからそれなりの欲望もあるけど、カナコさんとはそれだけの
    付き合いにしたくないから・・・」
カナコ「今日は風邪だけじゃなくて・・・。あれになっちゃたんです」
  浜「ああ、そうか生理のせいで調子悪いんだ。じゃあ尚更無理しちゃだめ
    だね。でも僕は生理でもぜんぜん構わないと思う方だけどね」

しばらく関係ない話が続いたが、また沈黙が流れた。

カナコ「もし、浜さんが気にしないんだったら私構いませんけど・・・」
  浜「本当?無理しなくてもいいんだからね」
カナコ「いえ。別に無理してません」
  浜「よし、じゃあどこかホテル行ってみますか。行ってみてやっぱり無理
    だったらそれでも構わないからね」

さっき幕張本郷駅近くにホテル街があったのを覚えていたので、そちらに向か
う。そしてとあるホテルに車を滑りこませた。

部屋を案内するボードには2部屋しか空き部屋がなかった。こんな真っ昼間か
らなんでこんなに混んでるんだ・・・。

エレベータに乗り5階へ上がる。部屋は結構広い作りであった。カナコは緊張
しているようであった。

  浜「なんか緊張しちゃうね。シャワーどうする?一緒に入る?それもと風
    邪ひいてるからシャワー辞める?」
カナコ「一緒は恥ずかしいですから、先にどうぞ」

僕はシャワーを終えて部屋に戻った。

  浜「シャワーどうぞ」
カナコ「はい」

ちょっとぎこちない笑顔でカナコは答えた。

僕はテレビを見ながら待った。カナコがシャワールームから出てくるまでの数
分間がとても長く感じられた。

カナコは白いバスローブをまとい、シャワールームから出てきてソファーに座
った。僕は冷蔵庫を開けた。

  浜「カナコさん、なんか飲みます?ビール、ジュース、烏龍茶。あっワイ
    ンクーラーがいいかな?」
カナコ「はい。それでいいです」

グラスを二つとワインクーラーのビンを持ってカナコの隣に座る。2つのグラ
スにワインクーラーを注いだ。カナコは喉が渇いていたのかグラス半分くらい
を一気に飲んだ。

カナコ「あ~、おいしい。さっきまでちょっと緊張してたんだすけどシャワー
    浴びていたら落ちついたみたいで、すごく喉渇いちゃった」
  浜「そうそう。リラックスしてせっかくなんだから楽しまなくちゃね」

僕はカナコの肩を抱いて、ほっぺたにキスをした。次にグラスを手にとり一口、
口に含みカナコにキスをした。カナコは軽く唇を開け、僕はゆっくりとカナコ
の唇に液体を注ぎ込んだ。カナコは喉をごくっごくっと鳴らしながらその液体
を飲み込んだ。

カナコ「すごくおいしい・・・。もっとください・・・」

再度、僕はカナコに口移しで飲ませた。

  浜「カナコ、僕にも飲ませて」

カナコの唇がゆっくりと開き、冷たい液体が僕の口の中に注ぎ込まれた。軽い
炭酸の刺激が口の中に広がる。舌の上で転がしながら、カナコの唇に舌をはわ
す。カナコの舌と僕の舌が絡み合いながらその液体の味を堪能する。唇の端か
ら漏れた液体がカナコの首すじへ流れ落ちた。

流れ落ちた液体にそって僕は唇を動かしていった。カナコの首からこの前嗅い
だ香水の匂いが感じられた。なんとも言えないいい匂いだった。よくありがち
な香水とはちがいフルーティというか甘い感じの匂いだった。

首から胸元へ唇を進めた。バスローブの上からバストに手を添えるともう乳首
が固く隆起しているのが感じられた。胸元に舌を這わせながらバスローブをめ
くっていく。そしてカナコのバストが露わになった。僕の手のひらに余るほど
の乳房であった。子供を生んだためだろうが乳輪はちょっと大き目だけど悪く
はない。乳首を口に含んで転がすとカナコはピクッピクッと反応する。乳首が
コリコリに固くなってくる。カナコは「あん、あん」とかわいらしく声を上げ
はじめた。

手をフトモモに沿わせ、だんだんとカナコの秘部へと近づける。カナコの秘部
はすでにグショグショに潤っていた。僕はクンニしようと顔を秘部に近づけよ
うとすると

カナコ「あっだめ。きたないから。血がついちゃう・・・」
  浜「大丈夫。きたなくないよ。心配しないで。もうこんなに濡れてるよ」
カナコ「やだ。恥ずかしい・・・」

カナコの秘部からは白っぽい液体が流れだしていた。見た目には血は出ていな
かった。カナコのクリトリスを舐める。ちょっとしょっぱい味がした。クリト
リスはもう十分固くなっていた。

  浜「ねぇ、カナコはクリトリスと中どっちが感じるの?」
カナコ「わかんない。あんまりしたことないから」
  浜「でも、結婚してるし、子供もいるんでしょ?」
カナコ「主人と結婚してすぐ子供できてそれからしていないの。主人も求めて
    こないし」
  浜「じゃあ今はSEXレス状態なんだ。不満はないの?」
カナコ「不満ってことはないわ。私も主人のことを家族って考えるとあまり
    SEXの対象って思えなくなっていたし、それに最近までは子供を育
    てるのに夢中であまり気にならなかったの」
  浜「結婚する前は、他に付き合ったことあるんでしょ?」
カナコ「2人くらいあったけど、でもあまり遊んでなかったから・・・」
  浜「じゃあ、ちょっと遊び足りないって感じだったのかな?子供もある程
    度大きくなって手が離れたからちょっと遊びたくなったんでしょ」
カナコ「それもあるかもしれない」  
  浜「SEXではあまりイッたことないの?」
カナコ「そうね。イクって感じがあまりわからない」
  浜「オナニーとかではイッたことないの?」
カナコ「いや、恥ずかしい・・・。でもあまりしないけど、多分これがイッた
    のかなって感じはある」
  浜「よしじゃあ、今日は思いっきりカナコにいってイッて貰おう」

膣の中に舌を差し込むと鉄の味がした。カナコは腰をもぞもぞとくねらせて
「あん、あん、あ~ん」とかわいい声でもだえだした。クリトリスを舐めてい
た時より膣の中を舐めている方が感じるようであった。中指をゆっくりとカナ
コの中へ挿入する。「あ、あ~~ん」思わず声がでる。中は結構ザラザラして
いる。子供を生んでいる割には結構締まっていそうだった。

クリトリスを舐めながら指をゆっくり出し入れする。カナコの腰がくねくねと
動き始める。指を2本挿入し、ピストン運動をだんだん早めていった。カナコ
の腰はそれにあわせて動きが早く大きくなってきた。指に絡み付く粘液は薄い
ピンク色になっていた。

  浜「カナコ。腰がこんなに動いているよ。すごくエッチだね」
カナコ「あ~ん、なんか勝手に動いちゃうの~。あ~~ん。すごい」
  浜「気持ちよくなってきた?」
カナコ「すごく気持ちいい~。あ~おかしくなりそう。ねぇ浜さんもう来てぇ」
  浜「入れてほしいの?」
カナコ「うん。あ~。はやく入れてぇ。お願い」

僕はすばやくコンドームを付けた。

  浜「カナコ、入れるよ」
カナコ「う~ん、いいわぁ。早く来てぇ」

ペニスをカナコの中へ挿入する。

カナコ「あ~ん、いいわぁ。ねえ、こんなの初めてなのぉ~。あああ~ん」
  浜「カナコ。気持ちいいよ。ほらカナコの中に入っているよ。カナコ触っ
    てごらん」

カナコの右手を結合部へと導く。カナコは最初は恐る恐る触っていたがだんだ
んしっかりとその感触を確かめるように触りはじめた。

カナコ「ホント・・・。入ってる。私の中に入ってるのね。あ~んすごい」
  浜「カナコの中、熱いよ。さぁ今度はカナコが上になって」

結合したまま、カナコの背中を持ち上げ騎乗位にする。

カナコ「あ~~~っ、奥まで届いてるぅ~。もうすごい。ああああ」
  浜「ほらカナコ、動いてごらん。もっともっと腰を動かして」

カナコは腰を動かしはじめた。SEXはあまりしていないって言っていたが
結構、前後によく動いていた。僕のペースにとても合っていた。

  浜「カナコ、すごいよ。腰の動かし方がうまいよ。気持ちいいよ」
カナコ「ああああ。なんだか勝手に腰が動いちゃうのぉ。あああ。気持ちいい
    頭おかしくなりそうよぉぉぉ」
  浜「もっと、もっと動いてごらん。そして声ももっとだしていいんだよ。
    他に誰も聞いてないから恥ずかしがらずに思いっきり声だして」
カナコ「う、うん。そうね。あああああああ。うああああ。ああああ~ん」

カナコは叫ぶように声を上げはじめた。

カナコ「うああああ、気持ちいいのぉぉぉ。すごい。とけちゃうよぉぉぉ。
    もっと、もっといっぱい。いっぱいしてぇぇぇぇ。ああああああ。
    後ろから・・・、後ろからしてぇぇぇぇ。ああああ。お願いぃ」

カナコを四つんばいにして後ろからペニスを一気に突き刺す。

カナコ「うううわあああああああああ。もうだめぇぇ。おかしくなっちゃう。
    イきそう。いきそうよぉぉぉ。もうイッっちゃうぅぅぅわあああ」
  浜「カナコぉぉ。気持ちいいかい?僕もイきそうだよ。一緒にイこう。
    イッっていいよぉ。うわああああ」
カナコ「ああああ。イク、イク、イッちゃうぅぅぅぅぅぅ・・・」

カナコは全身をピクピクと痙攣させながら、絶頂感にひたっていた。僕はカナ
コとほぼ同時に大量の精液を噴射していた。

しばらくの間、ベッドの中で腕枕しながら話をしていた。

カナコ「私ね。こんなに気持ち良かったのはじめて。結婚する前にもっと早く
    出会ってればよかったのに・・・」
  浜「SEXも相性があるからね。僕もこんなに充実したSEXは久しぶり
    だったよ。ダンナのカナコをほっておくなんてもったいないことする
    よなぁ」

カナコはもぞもぞと手を伸ばし、僕のペニスを触りだした。それに僕のペニス
は反応してきた。
 
  浜「カナコ、そんなことするからまた大きくなっちゃったじゃないか」
カナコ「ちょっと悪戯しちゃお」

カナコは布団をめくり、僕のペニスへ顔を近づけ、そして咥えた。チュパチュ
パと音を立てて吸い付くように舐めた。なかなかうまいではないか。SEXあ
まりしたことないなんて思えないくらいだった。

  浜「カナコ。フェラチオうまいね。すごく気持ちいいよ」
カナコ「うふふふ。そうですか」

カナコは一生懸命ペニスをいと惜しむようになめる。僕のペニスは破裂せんば
かりに大きくなっていた。フェラの速度がだんだん早くなってきた。

  浜「ねえ、カナコ。このままイッてもいいの?」
カナコ「うん」

カリの部分を咥えながら根元を手で上下にこする。すごく気持ち良かった。
だんだん我慢できなくなってきた。

  浜「あああ。カナコ。イッちゃうよ。カナコの口の中に出しちゃうよ」

体の底から快感がこみあげ、僕はカナコの口中へ発射した。

  浜「あああ。カナコ気持ち良かったよ」

僕は枕元にあったティッシュをカナコに渡そうとした。

  浜「カナコ。さあこれに出していいよ」
カナコ「ん?別にいいの」
  浜「あれ?飲んじゃったの?うわ~ありがとう」

僕は思わずカナコを抱きしめた。

カナコ「浜さんのためだったら私何でもできるわ」
  浜「でも本当にフェラチオ上手だね。誰に教わったの?」
カナコ「そうかなぁ。でも昔付き合ってた彼がフェラチオ好きでよくさせら
    れてた。でも彼は自分がイければそれでいいって感じの人だった。
    私もそれで満足していたし。でもね、飲んだのは初めて」
  浜「どんな味だった?喉につまったりしなかった?でも蛋白質だから栄養
    にはなるのかな」
カナコ「あははは。変な事言わないでよ。ドロっとしてて飲みにくかった。ち
    ょっと生臭いっていうか苦い感じかな。でも平気だった」

その後いっしょに風呂にはいった。バスタブにつかっているとまたまた欲情し
てしまい、風呂場でもう一回SEXしてしまった。


--------------------------------------------------------------------------------

第四章 カナコ・・・誕生日

 9月も終わりに近づいていた。近くのそば屋で昼めしを食べていると携帯が
鳴った。電話はカナコからだった。

カナコ「あの、突然でごめんなさい。今日なんですけど夜時間ありますか?」
  浜「えっ?あ、うん大丈夫だけど。どうしたの?」
カナコ「いえ、ちょっと遅くなってしまったんですけど浜さんこの間お誕生日
    だったでしょう?だからお祝いしたいと思って」
  浜「ええっ?本当?ありがとう。うれしいな」
カナコ「今日は私が出しますからおいしいもの食べにいきましょう」

そういう訳で急遽デートとなった。東京駅で待ち合わせてお台場の日航ホテル
へ向かった。途中車の中でカナコはバッグの中から箱を取り出した。

カナコ「あのぉ。これ大したものじゃないんですけど一応プレゼントです」
  浜「うわ~。ありがとう。なんだろう。あとで開けてみよう」

日航ホテルの駐車場へ車を入れ、ロビーへ向かう。レストランが何個所かあっ
たのでフロント聞いてみる。フランス料理の店は今日はもう予約でいっぱいだ
そうだ。そこでバイキング形式の店に行くことにした。一人6000円も取る
だけあってなかなか豪華な料理が並んでいた。席もみんな窓側を向いていてレ
インボーブリッジがよく見え、夜景がキレイだった。

ワインを軽く飲みながら2時間ほど食事をした。いままでもそうだったが何か
話をするたびにお互いの趣味や好みが一致していることに気が付き、驚くこと
多かった。例えばパスタのソースはトマトが一番好きとか、食べ物は好きなも
のを最後に食べるとか、肉より魚が好きとか、洋服でベストを良く着るとか、
車は小さくてキビキビ走るのがいいとか、書いて見ると他愛もないことだが、
ちょっとしたことでも意見が合うという事は気分がいいものである。

  浜「さっきのプレゼント開けてもいい?」
カナコ「ええ、どうぞ。でもほんと大したものじゃないんですよ」

プレゼントはネクタイピンだった。シルバーに緑のアクセントが入っている。

  浜「ありがとう。いい色だね。僕は緑色が好きなんだよ。それに身につける
    物はゴールドよりシルバーが好きだし。うれしいな」
カナコ「あっそうだったんですか。私も緑好きで、それにアクセサリーはシルバ
    ーがいいって思っていたからこれにしたんですけど、ほんとにいろいろ
    と意見が合いますね。不思議なくらい」

食事も終わりちょっと酔い覚ましにお台場の公園を散歩する。ここへくるのは
2回目だった。なんか二人にとって思い出の場所になってしまった気がする。

またこの間のベンチが空いていたのでそこに座った。

  浜「今日はありがとう。今度はカナコの誕生日やらなくちゃね。来月だっ
    たよね。次回会う時はカナコの誕生会だよ」
カナコ「ありがとうございます。実は、もうひとつ話しておかなくちゃいけな
    いことがあるんです。多分近いうちに北海道へ引っ越すかもしれませ
    ん。主人が転勤するかもしれないので」
  浜「えっ?本当?そうかせっかく知り合ったのに残念だね。でもいつ頃引
    っ越す予定なの?」
カナコ「まだはっきり決まってないんですけど、多分10月の終わりか11月
    初め頃になるみたいです」
  浜「じゃああと一ヶ月くらいだね。短い間だけれどいろいろ思い出作って
    おきたいなぁ。そうか・・・残念だね」
カナコ「私もようやく慣れてきたし、毎日に張り合いが出てきたっていうか
    新鮮な気分で毎日が送れるようになったところなんですけど・・・。
    でも仕方ないですよね」
  浜「そうそう。もう二度と会えないって訳じゃないでしょ。住んでいる所
    は離れていても、なんかの機会に会えるかもしれないし、電話で話す
    こともできるし、カナコの新しい生活、応援するよ。北海道には知り
    合い居るの?」
カナコ「主人の実家が北海道なんです。でも私の知り合いは全然いません。
    だからちょっとだけ不安です」
  浜「大丈夫だよ。カナコの明るい性格だったらどこでもうまくやって行け
    るよ。でも引っ越す前にまた会おうね」
カナコ「はい、わかりました」

いつかは終ってしまう日がくることは分かっていた。だけれども正直言ってち
ょっとショックだった。でも仕方がないことだ。結婚していない立場だったら
「ちょっと待ってくれ」とかって言ってしまったかもしれない。でもお互い既
婚者同士だ、お互いの家庭を第一に大切にすることが大原則である。
結局、この日はキスだけして帰った。

9月終わりの「引越し」宣言のあと、は結局時間がなくてなかなか会う時間が
なかったが、ようやく10月の終わりになって会うことができた。

いままで会う時はいつも東京方面だったが今回は横浜にきてもらうことになっ
た。夜19:00に横浜駅で待ち合わせ、車で繁華街から離れた料亭へ連れて
行くことにしていた。そこは離れがあってとても雰囲気がいい店であった。

  浜「今日は、カナコの誕生会だよ。ずいぶん遅くなっちゃったけどね」
カナコ「うれしいなぁ。どこに連れていってくださるんですか?」
  浜「それは着いてのお楽しみ」

店に着き、仲居さんに案内されて離れに行くとカナコはとても喜んでいた。
住宅街の中にあってとても静かな場所だった。離れの窓からは奇麗に手入れ
された庭が照明で照らされている。

カナコ「うわ~。すごくキレイですね。値段もすごく高いんじゃないですか?
    でもうれしい」
  浜「まぁそんなことはいいから、ゆっくり食事しよう」

料理もコースの順序に従って、仲居さんがひとつひとつ運んでくる。でも二人
の邪魔をしない配慮なのだろう、運び終わるとすぐに引っ込んでしまう。
以前来た時は一品一品、丁寧に料理の説明をしてくれたが、今日はそんなこと
はしない。なかなか気が利いている。

一通り食事も終わり、会計を済ませて外に出た。その料亭の敷地内にはアンテ
ィーク雑貨の店が併設されていた。カナコはアンティークに興味があった。
雑貨の店の中を一通りみてまわった。そこで僕は陶磁器製の足つきグラスで気
にいったものを見つけた。その時に僕は何も言わなかったのだが、カナコもそれ
が気に入ったらしく、

カナコ「このグラスいいと思いません?買っていこうかしら。そうだ二つ買っ
    て、それぞれ持って帰りませんか?思い出になるし」
  浜「そうだね。それいい考えだね。実は僕もそのグラスいいなぁって思っ
    てたんだ」
カナコ「じゃあ、私が買いますから今日のお礼です」

買い物を終え、車に乗る。さてこの後はどうしようか。

  浜「この後はどうします。時間は何時頃までいいのかな?」
カナコ「今夜中に帰れればいいです」

車を運転しているとカナコが僕の左手を握ってきた。そして信号で止まってい
るとその手をカナコの胸元へと動かした。カナコは潤んだ瞳をしていた。

  浜「カナコ。今日はHな目をしているね。なんかSEXしたくてしょうが
    ないって感じだよ」

そういいながらカナコの胸を揉んだ。

カナコ「一ヶ月会えない間、なんかとっても寂しかったの。初めてなの。こん
    なに自分からしたいって思ったの」
  浜「そうか。じゃあ僕のこと考えながらオナニーした?」
カナコ「うん。しちゃった。結婚してからしてなかったのに」
  浜「じゃあ、今日はカナコのオナニーを僕に見せてくれる?」
カナコ「いやよ。そんなの恥ずかしいじゃない」

カナコは僕の股間に手を伸ばした。

カナコ「あっ。固くなってる」
  浜「そうさ。僕もカナコとしたくてたまらなかったよ。今夜は時間が許す
    限りいっぱいしようね」

カナコの乳首は服の上から分かるほど固くなっていた。スカートをめくりもも
の内側へ手を差し込むとカナコは軽く足を開いた。僕の指がストッキングの上
からカナコのクリトリスの辺りを撫でるとカナコは大きくため息をついた。

20分後、近くのラブホテルにチェックインしていた。部屋に入るなり、僕は
カナコを抱きしめキスをした。舌を絡め合いキスをした。キスをしながらカナ
コの服を脱がせる。カナコも自分から服を脱ぎはじめた。カナコのシャツのボ
タンをはずし、ブラジャーのカップをずらすとカナコの固く勃起した乳首が現
れた。乳首を舐めながらスカートをめくりストッキングとパンティを下ろす。

立ったまま軽く足を広げさせ、カナコの秘部に指を差し入れる。そこはもう既
にぐっしょりと濡れていた。ふとももを伝って愛液が流れている。

  浜「カナコ。もうこんなにぐしょぐしょじゃないか。ほらふとももまで滴
    れてきてるよ」
カナコ「だって・・・」
  浜「ほら、自分でさわってごらん」

カナコの手を取り秘部へとさそう。

カナコ「恥ずかしい・・・」
  浜「大丈夫だよ。何も恥ずかしくないよ。僕はHなカナコが好きだ。ほら
    自分でオナニーするように触ってみて」

カナコはゆっくりと自分の秘部へ指を這わせた。そしてクリトリスを指で刺激
しはじめた。

  浜「そうだよ。カナコ。自分でクリトリス愛撫しているんだね。すごくH
    だよ。もっと見えるように足を開いて」
カナコ「あああん。恥ずかしいけど、なんか変な気分」

カナコは両手を使って、クリトリスと小陰唇の辺りを愛撫していた。

カナコ「ああ。もうだめ立ってられない」
  浜「じゃあ、ソファーに座って」

ソファーに座らせ、足を大きく広げさせる。

  浜「カナコのHなオマンコが良く見えるよ。カナコのオマンコから、いっ
    ぱい愛液が滴れてるよ。ソファーまで滴れてるよ」
カナコ「あああ~ん。ああああ。いや~ん。恥ずかしい」
  浜「指入れてごらん」

カナコをゆっくりと人差し指を挿入した。

カナコ「うう~~ん。あああ」
  浜「カナコのオマンコに指が入ってるよ。僕の指も入れてみるよ」

カナコの中に僕の指も挿入する。カナコの中で僕の指とカナコの指が絡み合う。

カナコ「浜さん、お願い許して。もうだめおかしくなっちゃう。ねえ、きて。
    ほしいの。はやくきて」
  浜「まだまだ」

カナコのオマンコに指を入れながら、クリトリスを舐める。カナコは自分から
軽く腰を振ってきた。

  浜「カナコ。気持ち良くなってきたの?腰が動いてるよ」
カナコ「あああああ。気持ちいいのぉ。ああもういや~ん。気持ちいい」

カナコのアナルを舐める。カナコは嫌がらなかった。

  浜「カナコはアナル使ったことある?」
カナコ「ああああん。ああう。そんなのないわよぉぉぉ。ああああああ」
  浜「ちょっと試していいかな」
カナコ「いやぁ。だめよぉ。そんなのきたないじゃないぃぃ。ああああ」

アナルに愛液をたっぷ塗り、指で軽く突いてみた。カナコはお尻を固く締めて
しまった。

  浜「カナコ、もっとお尻の力抜いて」
カナコ「いやぁぁぁ。だめよぉぉ。できないぃぃ。ああああん。あああ」

仕方が無いので今回は断念した。

カナコ「それよりもぉぉぉ。早くきて。お願いぃぃぃ。あああ。ううう」
  浜「どうしてほしいの。言ってごらん」
カナコ「もういじわるぅぅ。あああ。オチンチンを入れてください」
  浜「どこに入れて欲しいの?」
カナコ「・・・・」
  浜「はっきり言ってごらん。すっきりするから」
カナコ「うううああああ。浜さんのオチンチンを私のオマンコに入れてくださ
    いぃぃぃ。ああああん。あ~~~ぁぁぁ。早くぅ」

僕はコンドームを付けてカナコのオマンコにいっきにペニスを突き刺した。

カナコ「うううわああああ。すごいぃぃぃ。はん。ああん。気持ちいいぃぃ」

僕もかなり興奮していたせいだろう、ものの数分でイきそうになってきた。
ちょっとペースを落としながら気を紛らわせていた。

カナコ「後ろからしてぇぇ。あああ。お願いぃぃぃ」
  浜「カナコは後ろが好きなの?」
カナコ「はあはあ。そうなのぉ。後ろがいいのぉぉぉ。うううああああ」

カナコを一度立たせて、ソファーに手を付かせる。そして後ろからカナコの
オマンコにペニスを挿入した。

カナコ「はっうわあああ。いい。いいわ。すごいいいのぉぉぉ。うううあああ
    もう壊れちゃうぅぅ。もうイきそう。イきそうなのぉぉ。もっともっ
    と強く突いてぇぇ。はうぅぅ。うううわああああ」

僕は思いっきりカナコを突いた。激しく強く。僕ももうそろそろ限界が近づい
ていた。

  浜「カナコぉ。僕も行きそうだよぉぉぉ。うううわあああ」

そう言った途端、射精が始まってしまった。カナコはまだイッていない。
僕は射精が終ってからもしばらく動いていた。ペニスの硬度はまだ落ちていな
い。もう少しがんばれそうだ。

カナコ「ううううわあああああああああああ。もうだめぇぇぇ。いくいくいっ
    ちゃうぅぅぅ。はあああああああああああああああぅぅぅ」

カナコは背中をのけぞらしながらイッた。そしてそのままうずくまるようにし
ゃがんでしまった。床にしゃがみながらピクピクと軽い痙攣を起こしていた。

この後にもベッドでもう一回戦してこの日は12時過ぎに帰った。


--------------------------------------------------------------------------------

第五章 カナコ・・・長いお別れ


 11月になり、朝晩はめっきり冷え込むようになった。カナコはもうすぐ
東京を離れ、遠い場所へ行ってしまう。最後にもう一度会っておきたい。
短い時間だけでもいい。一目会ってお別れを言いたい。
そう思い、僕はカナコの家に電話してみることにした。初めて彼女の家に電話
することになる。とても緊張した。
カナコは「昼間だったら大丈夫だから」と言っていたが、もしダンナさんが出
たら・・・と思うと彼女の自宅に電話するのはやはり勇気がいる。もし男の人
の声だったら間違い電話のふりをして切ってしまおう。そんな風に考えながら
電話のボタンをプッシュする。

プルルルル、プルルルル、プルルル、カチャ。「はい。大石です」
カナコの声だった。ちょっと安心した。でも近くにダンナがいるかもしれない。
僕は慎重に話しはじめた。

  浜「もしもし。あのぉ浜ですけど。今、大丈夫ですか?」
カナコ「ああ!浜さん?電話してくださったの初めてですね。ええ大丈夫です
    よ。ちょっと○○ちゃん、あっちで遊んでてね」

受話器の向こうでは子供の声がしている。ちょっとだけ彼女の家庭を覗き見し
しまった気がした。

  浜「ごめんね。突然電話しちゃって。どうしようか迷ったんだけど」
カナコ「いいえ、とても嬉しいですよ。私も電話しようかなって思っていたん
    です」
  浜「もうすぐ引っ越しちゃうでしょ。だからその前に会えないかなって思
    ったんだけど」
カナコ「多分、11日に引っ越すんですけど、その前にお逢いしたいですね。
    土日とかでも大丈夫ですか?」
  浜「もちろん。カナコさんに合わせて時間作りますよ」
カナコ「多分今度の土曜日だったら大丈夫だと思うんですけど、ちゃんと予定
    が決まったらまた連絡します」
  浜「うん、わかった。じゃあ、大丈夫そうだったら連絡ください」

そして11月7日の夜、カナコから電話がきた。明日8日の金曜日から9日の
土曜日まで一緒にいられるということであった。僕も金曜日は仕事を午前中だ
けで片づけられるだろう。

僕はせっかく時間があるからどこか小旅行みたいなことができないかと思った。
金曜の朝、会社に行く前にホテルを探した。あまり遠くだと移動に時間がかか
ってしまう。いろいろ考えた末に、鎌倉に行くことにした。ホテルは鎌倉プリ
ンスなら空いてるだろう。鎌倉プリンスに電話をして部屋はキープできた。
ルームチャージで35k。多分、カナコとは最初で最後の旅行になるはずだ。
これぐらいの贅沢もいいだろう。

午後、会社を出て東京駅へ向かう。14:00の約束で30分ほど前に僕は八
重洲の駐車場に着いた。本屋に寄り鎌倉のガイドブックを立ち読みする。

約束の時間通りにカナコはやってきた。トランク型のバスケットと可愛らしい
帽子をかぶってまるでピクニックにでも行くような雰囲気であった。

  浜「なんかピクニックにでも行くような格好だね。その帽子かわいいよ」
カナコ「ふふふ。そうですか?ありがとうございます」
  浜「今日はね。鎌倉に行こうと思うんだけど。いいかな?」
カナコ「うわぁ~。鎌倉行きたいって思ってたんですよ。高校の頃に一回行っ
    ただけなんですよ。嬉しいなぁ」

車で鎌倉に向かう。天気は雨。雨はだんだんとその雨足を強めて行った。
夕方、鎌倉に着く頃には雨はドシャブリになっていた。まるで僕とカナコの別
れを悲しむかのように激しい雨が降っていた。

一旦、ホテルにチェックインしてから、鎌倉の街に出る。雨は少し弱くなって
きた。僕とカナコは、傘を一本だけさして腕を組んで歩く。まるで付き合い始
めたばかりの恋人同士といった感じで、新鮮な気持ちで小町通を歩いていく。
雑貨屋さんやガラス細工の店を覗いたりした。どこからともなくカレーのいい
匂いが漂ってくるのに気が付いた。そう言えばお腹も空いてきた。このカレー
の匂いはどこから来ているのだろう。僕とカナコはカレーの匂いに釣られて路
地を曲がった。そこには小さなカレー専門店があった。あまりにもいい匂いな
ので晩御飯はここで食べる事にする。
僕がチーズチキンカレー、彼女はビーフカレーを頼んだ。なかなかおいしいカ
レーでボリュームもあった。安い夕食だったが、大満足であった。

ホテルに戻り、テレビを見たりしながら話をした。子供の頃の話とかしている
と本当に普通の恋人同士のような感覚になってしまう。不思議なものだ。伝言
で知り合ったとは言え、これほど気が合う人と知り合いになれることもあるの
だ。もし、お互い結婚する前だったら確実に結婚を前提とする付き合いに発展
していったことであろう。
しかし、お互いに結婚している身である。割り切った付き合いと分かっていて
も、あまり気が合いすぎるのも恐い感じがする。それぞれの家庭を壊すような
ことはしたくない。そういう意味からすると、彼女が遠くへ引っ越してしまう
ということはいい機会だったのかもしれない。

そんなことを話していると、カナコがこう言った。
カナコ「もし、私達がおじいちゃん、おばあちゃんになって、それぞれのパー
    トナーと別れてしまうようなことがあったら、その時は一緒になりた
    いですね」
  浜「そうだね。それはいいかもしれないね。今の家庭は大切にしていかな
    くちゃいけないよね。でも遠い将来、離婚とか死別とか理由はいろい
    ろあるだろうけど、一人になっちゃうようなことがあったら、その時
    に新しい人生をカナコを歩んで行けたら最高だね。まあもちろん無理
    にそう考えるもないだろうけど。自然にそうなればいいね」
カナコ「そう、自然にっていう考えはいいですよね。もし神様がいて、運命っ
    ていうものが決まっているのなら、それに従って自然とそうなるもの
    だと思うんですよ。今のダンナと結婚したのも運命だし、将来どうな
    るかも運命なんだろうなって思うんですよね」
  浜「もし、遠い将来、一緒になれたら旅行行きたいね。客船に乗って海外
    クルーズなんていいかもね」
カナコ「じゃ、おばあちゃんになってしわくちゃになって嫌われないようにお
    手入れしておかなくちゃ」

その夜、僕とカナコは別れを惜しむかのようにはげしく求めあった。カナコは
いままでにもまして、激しく動いた。積極的に自分から攻めてくる。
ソファーでフェラから騎乗位で1回。バスルームで立ちマンからバックで1回。
そしてベットで3回目を終った時だった。最中には気付かなかったがシーツに
真っ赤な染みが付いていた。

  浜「あれ?血が出てる」
カナコ「あ~ん、はじまっちゃったのかも。そろそろ来そうだなって思っては
    いたんだけど」
  浜「カナコ、生理前だったから激しかったのかな?」
カナコ「え?そんなに激しかった?」

僕はシーツをベットから剥ぎ取りバスルームへ持っていった。シャワーから全
開で水を出してシーツに当てると赤い染みがみるみる落ちていった。
  浜「血はすぐに落とせば簡単に落ちるんだよね」
カナコ「へえ、すご~い。浜さん、他にも経験あるんでしょ」
  浜「ノーコメント」
そんなことをしていたら時間は明け方の4時になっていた。もう一度、シャワ
ーを浴びて、僕らは眠りに着いた。

目が覚めると、少し開いたカーテンの隙間から明るい光が差し込んでいた。
ベットを抜け出してカーテンを開けると、雲一つ無い快晴だった。

まだベッドで寝ていたカナコも目を覚ました。
カナコ「あっ、おはようございます」
  浜「おはよう。今日はいい天気だよ。デート日和だね」

時間はまだ8時半くらいだった。このホテルはチェックアウトタイムが正午な
のでまだゆっくりできる。

  浜「まだ寝ていていいよ。眠いでしょう」
カナコ「じゃ、浜さんも一緒に寝ましょう」

僕はまたベットに戻った。カナコと添い寝しながらうだうだと気だるい朝の時
間を楽しんでいた。キスしたりカナコの胸に顔を埋めたりしていると、カナコ
の手が僕の下半身に伸びてきてやがてパンツの上からペニスを触りはじめた。
カナコが僕のペニスを触っているとだんだんと固くなってきた。カナコはパン
ツの中に手を入れて直接ペニスを握った。

カナコ「ねぇ、もうこんなに大きくなってるよ。それにすごく熱い」
  浜「カナコがそうしたんでしょ」
カナコ「ふふふ。悪戯しちゃおう」

そう言うとカナコは布団の中に潜りこんだ。布団の中で僕のパンツを脱がし、
固くなったペニスを優しく口に咥えた。最初はゆっくりとペニス全体を舐める
ように動かす。やがて舌で尿道口を舐めたり、締め付けるように吸ったりと濃
厚なフェラが展開される。

僕は布団を剥ぎ取り、カナコがフェラチオしている姿をじっと見る。ときどき
カナコが顔を上げでこちらを見る。

カナコ「ねぇ、浜さん気持ちいい?」
  浜「ああ、気持ちいいよ。すごくいい」
カナコ「イッてもいいのよ。お願い、出して。浜さんのが飲みたいの」
  浜「カナコの口でイきたいよ。いっぱい出したいんだ」

カナコのフェラのペースがだんだん早くなってくる。カナコは手でペニスの
根元をしごき、亀頭を舌で包むように刺激してくる。でもなかなかイきそう
にない。僕は一旦、ベットから立ち上がった。

  浜「カナコ。ベッドの上に座って」
カナコ「こう?」

カナコはベットの縁に腰掛けた。僕は自分のペニスを握りしごき始める。

  浜「僕のオナニーを見せてあげる。カナコも自分で触ってみて」

カナコはペニスをしごく僕の姿をじっと見つめている。そして右手で自分の
バストを触りはじめた。僕とカナコはお互いに見つめ合いながら、自分自身
を愛撫する。その光景に僕は異様な興奮を覚えた。カナコも多分そうだった
に違いない。カナコは足を広げ、パンティの上からクリトリスの辺りを触っ
ている。左手はTシャツの中に手をいれ、乳首を触っているようだった。

カナコはTシャツを脱ぎ、バストが露わになった。固く尖った乳首を愛撫し
ながら、右手がパンティの中に入っていった。パンティに中には生理用のナ
プキンを付けているはずだが、パンティの中で右手が動く度にくちゅくちゅ
と音がする。カナコは虚ろな目をしている。
僕はもう異様な興奮に包まれていた。ペニスをしごく手の動きがどんどん早
くなる。

  浜「あああ、カナコ。もうイきそうだよ。口を開いて」
カナコ「あん、早く。早く来て」

カナコは亀頭を咥える。僕は更に早くペニスをしごいた。

  浜「うううわぁ。もうイく。イくよぉぉ」

大量の精液はカナコの口に注がれた。さっき3回も出したとは思えないほど
大量であった。射精の瞬間にはビュッと音が出るほどであった。
カナコはそのままペニスを咥えて舐めていた。大量の精液をゴクっと喉を鳴
らして飲み込んだ。半分放心状態のカナコの前にひざまづき、カナコの秘部
を愛撫しようとした。

カナコ「あっ、だめよ。きたないから・・・。血が出てるし・・・」
  浜「じゃあバスルームに行こう」

バスルームに入り、シャワーでカナコの秘部を流していると、流れ落ちるお
湯が真っ赤だった。バスタブの底をカナコの血が筋をひいて流れて行く。
僕は手でカナコのバストを揉みながらキスとした。

シャワーを置き、カナコの秘部に手をやるとそこは血と愛液が混じってヌル
ヌルしていた。生理初日でかなり出血が多いのであろう。カナコのフトモモ
を伝って血が流れ落ちていく。
クリトリスを愛撫しているとカナコの膝がガクガクしてきた。僕のペニスは
また固くなり始めていた。
カナコをバスタブの縁に手をかけさせて尻を突き出させる。そして僕はカナ
コの血だらけのオマンコにペニスを挿入した。

カナコ「あああああん。すごいぃぃ。気持ちいいのぉぉ」

カナコの腰を掴みながら、激しくペニスを突き入れる。血があふれ出てきて
僕のペニスやフトモモの辺りも真っ赤になる。

カナコ「ああああああああ。もうイっちゃうぅぅぅ。うううわああああ」

カナコは絶頂に達するとバスタブに座りこんでしまった。バスタブには飛び
散った血があちらこちらに付いている。ふと我に返ったような感じがして
冷静になってくると、あまりの多量の血に頭がくらくらしてきた。

ペニスも萎んでしまった。さっきまでの異様な興奮状態はなんだったのだろ
う。ちょっと倒錯した世界を垣間見た気がした。
でも冷静さを装いつつカナコに声を掛ける。

  浜「カナコ。気持ちよかったかい?すごい血だね」
カナコ「はい。すごくよかった。頭の中が真っ白になっちゃった」

シャワーでバスタブについた血を流し、それぞれのカラダを洗い流した。

身支度を整えて11時半頃にチェックアウトした。海岸沿いのイタリア料理店
で食事をした。サラダとパスタと生牡蠣を頼んだ。とてもおいしかった。

そのあと、江ノ島を散策したり楽しい時間を過ごした。午後3時過ぎにそろそ
ろ、東京へ戻ることにした。

車の中でもいろいろな話をした。でももうすぐお別れしなければならない。
ふとレイモンド・チャンドラーの「長いお別れ」という小説を思い出した。
この小説は探偵マーロウとある事件に巻き込まれた男とのちょっと不思議な友
情の話である。
直接小説とは関係ないが、僕達の関係も単なる不倫とは違う、ちょっと不思議
な付き合い方というか運命的な出会いと別れというものを感じていた。

  浜「『長いお別れ』っていう小説知ってる?」
カナコ「題名は聞いたことあるような・・・」
  浜「レイモンド・チャンドラーっていう人が書いた小説なんだけどね」
カナコ「へえ。それがどうかしたの?」
  浜「主人公の探偵がとあるパーティで偶然出会った男が、その後ある殺人
    事件に巻き込まれて数奇な運命を辿っていくんだけど、その探偵はち
    ゃんと依頼された事件じゃないにも関わらず、その事件に関わってい
    くんだ。そのうちになぜかその男を探偵の間に奇妙な友情が生まれる
    ていくんだ。お互い、実際に会って話をしたことはあまり無いのにな
    ぜか、固い友情が生まれていくんだよね。これってなんか運命的なも
    のっていうか、理屈では片づけられないようなことなんだろうね」
カナコ「面白そうね」
  浜「それでね。僕達の関係もなんか不思議っていうか、知り合って3ヵ月
    くらいでしょ。一緒に居た時間も短いのに、でもなんだかすごく長く
    付き合ってるような、相手の事をなんでも知ってるような感じがする
    んだ」
カナコ「そうね。確かにそんな感じはする・・・。私、伝言なんかで人と会っ
    たの初めてで、実際に会うまではドキドキして緊張しちゃってどうし
    ようって思ってだけど、浜さんと最初に会った時になんだかその不安
    が無くなっていくのが分かった」
  浜「昨日も言ったけど、二人の出会いはもしかしたら運命的なものなのか
    もしれない。だから、これからまた再会できるかもしれないし、もし
    かしたら一緒になれることもあるかも知れない。だけど逆にもう会う
    ことはない運命なのかもしれない」
カナコ「運命ね。そうかもしれない。運命は自分で造って行くなんて言う人も
    いるけど、実際には自分で造っていける部分ていうのはとても小さい
    ものなんじゃないかなって考えたりする」
  浜「僕もそう思っているんだよ。人生なんて偶然が幾つも重なって作られ
    ていくもんなんだろうなぁって。自分が努力した結果、こうなったっ
    て考える人もいるけど、もしかしたらそれは自己満足の世界の話で運
    命的にはそうなるように決まっていたって考えることもできるんじゃ
    ないかなって思う。人間のやっていることなんて宇宙単位でみたら目
    に見るないくらいちっぽけなことなんじゃないのかなぁって」
カナコ「そうね。自分で考えて、自分の力で未来を切り開いていくなんて考え
    ているのは、人間の勝手で、大きな自然や宇宙の中の出来事としては
    すごくちっぽけなことなのかもしれないわね」
  浜「だから、今日、僕はカナコに『さよなら』は言わないよ。長いお別れ
    になるかもしれない。でも『さよなら』じゃないんだ。近い将来また
    会えるかもしれない。輪廻転生というのが本当にあるのならば来世、
    来々世に会えるかもしれない。今の宇宙に終りがあったとしたら、次
    の宇宙の世界で会えるかも知れない。そう考えてこれから生きて行こ
    うかなって思ってる。いや、心に留めておく必要は無いのかもしれな
    い。運命ならば自然にそうなるはずだから」

カナコは何も応えなかった。黙って車の窓から外を眺めていた。よくは解らな
かったが、もしかしたら泣いていたのかもしれない。

夜19時過ぎ、彼女の家の近くまでやってきた。いつもカナコを下ろす場所に
車を止めた。軽くキスをした。

  浜「それじゃ、また」
カナコ「はい。それじゃ、また」

そして僕は、帰りの高速へと車を走らせた。

                               完


------------------------------------------------------------------------------

Webmasterから
著者の浜氏は、本当にダウンタウンの浜ちゃんにそっくりです(笑)
で、このお話しに出てくるカナコさんのJPEGを見せてもらいました。
(すいません、みなさん。浜氏は面識がある私を信頼して見せてくれたものなので
公開はできません)
めちゃめちゃかわいいです。こんな女性が子持ちの人妻なんて……!!と思うほど
です。カナコさんが北海道に越したあとも、浜氏との連絡は続いているそうです。
しかし、うらやましい。私にその幸運をくれぇぇ(涙)


  

出典:Cafe Gentleman
リンク:Cafe Gentleman
[【テレコミ09】カナコとの出来事 (出会い系での体験談)]の続きを読む

ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!

関連タグ : 素人, 中田氏, エロゲ, 体験談, テレクラ, ツーショット, おいしい話, ナンパ,

 PR
 PR
『彼氏が複数プレイに興味を持っていて、、、、どなたか私と彼氏と3人でHして
くれる人いませんか?私は21歳でOLしています。身長は167cmで痩せ
ています。彼氏はまだ学生です。メッセージお待ちしてます』

もうずいぶん前の事でハッキリとは覚えていないが、だいたいこんな内容の
メッセージだったと思う。
モモコのOPENに入ってのだが、話し方自体はサクラ臭くなかった。けれど
メッセージの内容で私はサクラと判断し、彼女の声を聞くたびに無条件でスキ
ップしていた。何日間か彼女の複数プレイ参加者希望のメッセージは続いた。
なおさらのこと私はこの娘をサクラと確信した。
ところがしばらくして彼女を再認識すべきことが起こった。今度は男性の声で
ほとんど同内容のメッセージが入るようになったのだ。

『僕の彼女が3Pしたがってるんですけど、誰か一緒にやってくれる人います
か? 彼女は痩せています。あまり胸もないですけど結構いいですよ』
二人のBOX番号は違っていた。疑ったらきりがない、私は男性の話し方を聞
いて一方の彼女がサクラでないことを判断した。

もちろん男性のBOXにレスする気なぞなかった。とりあえず彼女の方と話し
てみる位なら問題はないか、そう思った私は『話が聞きたい』という内容のメ
ッセージと直電を彼女のBOXに入れておいた。

その次の日くらいだったか、夜中に彼女から電話が入った。
複数プレイの話はやはりホントウだった。彼氏がしたがっているから、と言っ
ていたが彼女自身もまた複数プレイを望んでいる様子だった。

九州から出てきている女の子だった。名前は幸子。昼は丸の内でOL、夜はフ
ァミリーレストランでバイトしている、と言っていた。学生の頃に同じチェー
ン店で深夜のキッチンを任されていた私はその支店を聞いて驚いた。同じ店だ
ったのだ。彼女は私の地元に住んでいた。

こういう奇遇もあって随分長電話したあと、私は彼氏を含めた複数プレイなら
参加するつもりはない事を伝え、私の友人となら、と話した。彼女は彼女で、
まず彼氏と3Pしてからその後どのお友達とも、と言い続けた。平行線をたど
りそうだったが、じゃあ一対一で食事でも、という事でその日の話は終わった。

約束は翌日の深夜だった。私は彼女との待合せの場所へ迷う事なくたどり着
いた。子供の頃はチャリンコで走り回った町である、迷うはずもない。私はク
ルマを止め子供の頃通った銭湯の公衆電話から彼女の部屋に電話した。待合せ
場所はコンビニの前だった。

「着いたよ~」
「ちょっと待ってて、今ドライヤーで髪乾かしてるから…」

彼女はシャワーを浴びた所だった。彼女はやはり期待しているのか、とも考え
たが、その時点でそれは考え過ぎだったろうか(笑)。

私はクルマのエンジンを止めずに待っていた。男を連れて来たら即帰ろうと思
っていたのだ。私はクルマのシートを倒して前後左右に人の気配を窺っていた。
しばらくすると背の高い女の子が前方の小道から出てきた。夜ももう12時を
まわっている。そんなに人の多い場所でもない。ほぼ間違いなく彼女だろう、
私はそう思って近づいてくる女の子を観察していた。近くに男の姿はなかった。

電柱の明かりに彼女の姿が浮んだ、スタイルは悪くはない、が電話で聞いてい
た通り痩せている…想像していたよりも…それもかなり…まぁ牛よりはいいか。
近づいて来る娘は間違い無く約束通りの服装をしていた。白いブラウスにベー
ジュのパンツルック、OLの通勤服のような感じだった。
(彼女ならいいな。)私は思った。けれどもクルマの中の私に一瞥をくれるとサ
ッサとコンビニの中に入っていってしまった。

(あれ、スッポン?)

そう思う間もなくコンビニから出てきた彼女は私のクルマの方へ向かって歩いてきた。そして会釈しながら助手席の窓を軽く叩いた。私は左手を伸ばしてド
アを開けた。
「こんばんはぁ~」幸子は少したじろぎながらもそう言って助手席に乗り込
んできた。隣に座った幸子は可愛いと言うわけでもなく、かといって不細工と
いうわけでもなく、ハデでもなくジミでもなく………。可も不可もつけられな
い、いわゆるテレ中娘だった。

「こんな感じの人です」笑いながら幸子は言った。ソバージュの長い髪から
リンスの香りがした。
「私もこんな感じの人です」 私は『食事だけ』という約束通り近所のファミレスに向かった。もちろん彼女
のバイト先は避けて。

食事も終わり、時間はすでに1AMをまわっていた。次の約束を取り付けて
今日はお終い、と考えていた私だったが、次のアポを取ろうとしても幸子の反
応が芳しくない…。かといってこのまま帰りたそうな素振りも見えない。
(コレはこのままOKってことかぁ?) 私は運転しながら、どうしたものかと
考えていたが、彼女の方から話の糸口をふってきた。

「そのぉ、友達? もう一人の人にも今日逢いたいな…」 この言葉に私はヴ
ィヴィットに反応した。
「じゃあ電話してみるよ。まだたぶん起きてるから」すでに友達Kには3P
の話をしていた。
「でももし来れたらどうする、友達はその気で来ちゃうよ?」
私は彼女の反応 を窺った。
「その時はその時………」幸子は完全に期待していた。

私はKに電話をいれた。寝ていた彼も3Pの話に目を一気に覚ましたようだっ
た。OKを確認した後、Kの家の近くにクルマを止め、私達は彼が出て来るの
を待った。

Kはすぐに出てきた。初対面の挨拶もそこそこに、3人を乗せたクルマはラブ
ホテルへと向かった。もう幸子も私もKもその気だった。しかしいくら地元と
はいえ3人が同部屋できるラブホテルを誰も知らなかった。

取り敢えず私がホテトルを呼ぶような感じで一人で入室しその後HTL内で合
流、ということになり、ホテトルOKのHTLをKが指定した。(いつのまに
かホテトルを経験しているK)

感じの良いフロントの男性からカードキーを受取り、私は一人でエレベータに
乗った。
3Fで降りると隣のエレベータが追っかけ上がってきた。私は自分の部屋に入
りもせずエレベータの扉の開くのを待った。

部屋に入ると妙な感じだった。いくら幼なじみだとはいえラブホテルの部屋
にもう一人男がいるのである。もちろん女の幸子がいるとはいえ、違和感が部
屋に充満しているのを感じた。

私は冷蔵庫からワインを出した。幸子から酒が入ると無性に「したくなる」と
いう話を聞いていたからだ。幸子は喜んでグラスを受け取った。私とKはビー
ルと日本酒を選んだ。幸子とKは椅子、私はベッドの上に寝転び、しばらく3
人でとりとめない話をしていた。
時間を見計らって私はシャワールームに入った。Kの事だからすぐに行動を起
すのは分かっていたが、その後の展開にはその方が楽だった。

案の定私がシャワーを浴びて部屋に戻ると二人は立ったままキスをしていた。
Kは幸子の背中を強く抱きしめていた。幸子はKに抱きすくめられるような格
好でKの激しいキスを受けていた。

「おっとぉ」私は部屋の電灯を少し落とした。
「ごめん、俺キス魔なんだ」Kが私に気付き照れくさそうに言った。そう言
いながらもKの腕は幸子の背中を抱きしめたままだった。
「あらあら」私はバスタオルを腰にまいたまま椅子に腰掛け、タバコをふか
しながら日本酒をコップにあけた。部屋の薄明かりに浮ぶ二人の姿は愛し合っ
てる二人の男女が時間を惜しむかのようにも見えた。私は少し「酔い」が欲し
かったのでコップに入った日本酒を一気に開けた。

「見てるだけかぁ?」そう言いながらKは幸子から身体を離した。
私は何も答えずにKに笑みを浮かべた。幼馴染みのこういった普通では見れな
い姿がオカシクもあり嬉しかったのかもしれない。Kも照れくさそうに笑って
いた。
Kが幸子の服を脱がしはじめた。ぎこちなくブラウスのボタンを外し終わると
真っ赤なブラジャーが現れた。ズボンがスッと床に落ちた、幸子の肢体が薄明
かりの下に浮かぶ。色白の痩せた体に真っ赤なブラジャーとパンティが映えて
いた。

「うぉっとぉ」大袈裟に私は声を出した。「いいねぇ」
「今日初めてつけたんだよ」幸子が私を振り返って笑った。
「似合ってる似合ってる。赤が似合うね」私は少しオオゲサに言った。
後ろから見た幸子のスタイルはカナスタだった。どんな服でも似合いそうなス
タイルだった。

Kが幸子の肩を持って身体を私に向かって回転させた。
「いかがっすか」幸子も照れもせずにポーズをとった。彼女も少し酔いがま
わっていたのかもしれない。私にもようやく酔いがまわってきていた。
「ナイス!、ナイス!」(でもやっぱ痩せ過ぎ、あばら浮いてるよ~。)それで
も幸子の胸はBカップありそうだった。あまりに胸囲がないぶん乳房の膨らみ
が目立つのだ。

Kは幸子の背中を押し私に差し出すように連れてきた。幸子は私にしなだれる
ように首に腕をまわした。私は赤いブラジャー越しに乳房をつつみこみ、もう
一つの乳房に唇を当てた。(やっぱ小さいわぁ…。)
Kが幸子の後でそそくさとジーンズのベルトを外していた。一心不乱に服を脱
いでいるKがまた微笑ましく思えた。
私は真っ赤なブラジャーのホックを外した。弾けるようにホックは外れた、で
もブラジャーから乳房はこぼれ落ちなかった。薄い乳房の膨らみの中央に小さ
な乳首がのっていた。私はその乳首にすいよせられるように顔を近づけ唇の先
でつまんだ。

「あぁ」乳首を軽く噛むと幸子が小さな声をあげた。
Kはしばらく私達を見ていたが手を振りながらシャワールームへ消えていった。

私は幸子の細いウェストに手をあてた。背中から肩へ、肩から脇、そして腰へ
と触れるか触れないかの感覚で手の平を走らせた。幸子が身体をよじりながら
も吐息を早めた。
少し乱暴に幸子の尻を揉み上げると痩せてるとはいえさすがに尻には肉感があ
った。素肌から伝わるひんやりとした感触が心地よかった。理想的に均整のと
れたまあるい小さな尻が私の手の中で歪んでいた。
私は真紅のパンティを引っ張りTバックのように幸子の股間に食い込ませた。
そして尻の小股の部分を両手で押し広げ、再びパンティを上に引っ張りあげた。
幸子の股間ではパンティが陰唇をめくり上げているはずだった。

私は自分の腰に巻いたままの白いバスタオルをゆるめ、すでに半立ちの陰茎を
幸子から見えるようにした。幸子にはすぐに私の意が通じたようだった。
幸子はカーペットにひざまずき、そして椅子に座ったままの私の脚を広げ、長
い髪をかき上げながら肉棒をその口に含んだ。幸子の口の中で私の陰茎はムク
ムクと大きさを増していった。

私は椅子にすわったまま右手を伸ばして幸子のパンティをまた後から引っ張っ
た。腰を引っ張られると幸子は四つん這いの格好をせざるを得なくなり、両手
をカーペットについた。そして私の陰茎を咥えたまま尻を突き出す格好になっ
た。彼女には辛そうな体勢だったが私はかまわず幸子のパンティをさらに陰唇
に食い込ませるように引っ張っては緩めたりした。突き出した尻に真っ赤なパ
ンティが紐のように食い込んでいた。

カチャ。Kが浴室から出てきた。私と同じように白いバスタオルを腰に巻い
ていた。
「まいったね」Kは小声で言った。私も苦笑いで彼に答えた。
私はパンティから手を離した。Kは私達の真横にヤンキー座りしながら私の肉
棒を口に含んだ幸子の横顔を眺めていた。幸子も私の肉棒を咥えながらKの顔
を見つめた。わざと薄目にしているのか、その目がとても淫猥に見えた。幸子
の唇からはみ出ている自分の陰茎を間近にKに見られるのは好い気分ではなか
ったが、こればかりは致し方なかった。
やがてKは幸子をはさんで私の正面にKは立った。そしておもむろに紐のよう
なパンティを脱がした。幸子は私の陰茎を咥えながらもそれに合わせて片方ず
つ膝をあげた。

Kは幸子のむき出しの陰部をシゲシゲと眺めていた。そしてKに突き出された
状態の幸子の股間に顔をうずめた。肉棒を加えている幸子の舌の動きが止まっ
た。
「うう………」私の陰茎の先の方で幸子の声が漏れた。Kがどこを舐めてい
るのか私には分からなかったがふざけるようにKはヤタラと音を立てていた。
そうしている間も幸子の声にならない喘ぎ声が私の陰茎に伝わり、なおさら私
の陰茎は充血を増していった。
やがてKが顔をあげた。自らの快感から解き放たれた幸子はむしゃぶりつくよ
うに私の陰茎を上下に愛撫しはじめた。右手はしっかりと陰嚢をこねくりまわ
しながら。

「交代、交代」Kが言った。ようやく本格的に気持ち良くなりはじめた所で
少し惜しいとも思ったが私は幸子の口から陰茎を引き抜いた。幸子のよだれが
私の陰茎から糸をひいた。

「ふ~」幸子がため息のような息をもらした。
「ごめん、疲れた?」
「大丈夫、私フェラチオ大好きだから」幸子が手の甲で口を拭った。私はベ
ッド際からティッシュBOXをとり幸子に渡した。
「ありがと」
「コレが気遣いってやつですね」Kが笑いながら言った。
「はいはい」私は笑いながら幸子を立たせベッドに連れていった。

私は幸子を仰向けに寝かせ脚を開いた。Kは乳房をもてあそび始めた。
薄い陰毛だった。その下の亀裂、すでに陰唇はパックリと口を開き、愛液だか
Kの唾だかで卑らしく光りを帯びていた。左右の小陰唇は薄いながらもポッテ
リと充血していてその上のクリトリスはピンク色の顔をのぞかせていた。
私は躊躇した。Kの唾…………?愛液………?Kの唾………………………。
私は私の右手だけを信じる事にした。

「すごく上手くない?」Kの声がした。Kが幸子にフェラチオさせていた。
「確かに」私はその姿に思わず見詰めてしまった。別にKのモノが大きい訳
でもなかった。ブラウン管の中では見慣れたはずの映像が、実際に生で目の前
にして見ると異様な光景だったのだ。少し酔いが醒めるのを感じて私は冷蔵庫
から缶ビールを出した。
ビールを飲みながら私はKの行為を観察する事にした。KからSEXの悩みを
聞いていたからだ。早漏にしてインポの気がある、と聞いていた割にKの陰茎
はシッカリと立っているようだった、幸子の口の中で元気一杯の様子だ。

「何見てるだけ?」
「いやいや、ちょっと観察」私が言うとKは何か合図した。先に入れろと言
っているようだった。私は先にフェラチオしてもらっていたのでKに譲るつも
りだった。私は首を横にふって顎をしゃくった。少し困ったような顔をしたK
だったが肯くとM字開脚の幸子の脚の間に入りそのまま一気に肉棒を突っ込も
うとした。

「おっゴムゴム」私は枕元のコンドームをKに渡した。Kは封を破ろコソコ
ソと肉棒にゴムをかぶせた。そしていざ挿入………Kがしきりに私に向かって
首を傾げた。入らないのだ。充分に幸子のマ○コは愛液に濡れていて準備は整
っているはず、でもKは何度も首を傾げていた。

(コレだ………。)彼はこの事をインポの気と表現していたのだ。彼の陰茎はゴ
ムをつけるタイミングで萎えてしまうのだ。焦燥感あふれる彼の丸くなった背
中を見ていると思わず私は手伝ってあげたい気分になってきた(爆)が何も出来
なかった…(当然)。

私はKの肩を小突くきフェラチオしてもらえ、という合図をした。そしてKと
入れ替わり幸子の股間を大きく広げた。尻も痩せてはいたが太股も当然細かっ
た。そのせいか性器自体の大きさがアンバランスに目立だっていた。決して陰
部が大きいというわけではない、陰唇にしてもクリトリスにしても通常?のそ
れだった。バランスの問題だろう。
私は息子にスキンをかぶせ、幸子の陰唇を大きく開きながら赤く熟れた膣口に
肉棒を挿入した。

「はぁ!」幸子が高い声を上げた。私は陰茎を根元まで膣の中に納めた。当然
幸子の身体に私の腰が触れる。か・た・い………。女の子の肉の柔らかさがな
かった。皮下脂肪が極端に少ないのだ。それでも幸子の膣はクイクイと硬い締
め付けを私の陰茎の根元に伝えてきた。

喘ぎはじめた幸子の顔を見ようと視線を上げるとKが幸子の半開きの口に彼の
陰茎をあてがっていた。半分萎えているそれを幸子はすぐに口に含んだ。Kは
コンドームを外していた。普通ホテルにゴムは二個しか用意されていないはず、
(あ~あ、仕方ないか)。

私は幸子の身体の中を浅く深くゆっくりとかき回した。右手の親指はしっかり
とクリトリスを撫でながら。
「ふぁ、ふぁ………」私の腰の動きに合わせるかのように、肉棒を咥えるS
子の口から息が漏れはじめた。
「ふぁ、、ふあぁ、あぁ、、、あぁぁ」喘ぎ声がだんだんと早くなる。
「あぁあぁああぁはぁぁぁぁ………………」とうとう幸子の上下の唇は開か
れたままになってしまった。Kの陰茎はただ幸子の口の中に入っているだけ、
萎えた陰茎が所在なげに唇の上に乗っていた。

それでも私は幸子の為に動きを止めるわけにはいかなかった。眉間に皺をよせ
快感をむさぼっている幸子を早く上りつめさせてやりたかったのだ。Kは悲し
そうな顔で私の事を見たが幸子が感じている様を見て半ば諦めたようだった。
Kは立ち上がり私の背後にまわった。

Kの事が少し気になったが私は幸子をイカせる事に集中することにした。
そうしているうちに親指に強弱をつけると「強」のほうに幸子が激しく反応する
のに気付いた。私はかなり強くクリトリスを親指の腹で撫でた。
「ああぁいいぃぃぃ………」

強くすれば強くするほど幸子の反応は良くなっていった。最後はクリトリスを
潰すように親指に力を込めた。
「痛くない?」私は心配になって声をかけた。
「いいぃ、いいぃぃ…あぁぁぁ」私はさらに強くクリトリスをこすりながら
腰のピッチをあげた。

Kが私の尻を叩いた。振り向くとKが私と幸子の交接部分を寝転びながら眺め
ていた。這いつくばいになって(笑)。
(スゴイ………。)Kの口がそう動いた。私だって生で交接部分のUPなんか見
たことがない、とうとうは私は彼に玉袋まで見られてしまった(爆)。後で見て
やる、見てどうする(再爆)。
私はKに結合部分を見やすいように抜き差しを大きくしてやった。すこしでも
彼が元気になればと思ったのだ。なんとなくビデオ男優の気持ちが解った(笑)。
しばらくそうしているうちにKの股間にも再び力が甦ったらしい、Kが私の
肩を叩いた。

「ゴムはどうする?」私はKに聞いた。
Kが困った顔をした。「ない………」Kは自分の肉棒をしごいていた。そう
していないときっと萎えてしまうのだろう。
「俺の財布に、一個入っているよ」Kは身軽に私のジャンバーから財布を取
り出しコンドームを見つけるとそそくさと肉棒に装着した。
私も幸子を攻めきれず汗をかきはじめていたので丁度よかった。Kの準備が整
うのを待って幸子のマ○コから肉棒を抜き去った。

私はタバコに火を点けた。心なしか私の肉棒からも力が抜けているような気
がした。心理的に影響を受けたのかもしれない、私は思った。
Kは私よりもかなり激しく幸子を攻めていた。体位は正常位のまま最後のあが
きのように一心不乱に腰を動かしていた。
「あっああ、あっあ、あぁぁぁ」幸子の声も一層大きくなっていた。
(やるなぁKも………でもそういえば…)私はKの言葉「早漏」を思い出し(今
のうちに見ておかなくては)と彼の後にまわった。見えない………。
彼の陰嚢が垂れ下がり交接部分を隠していた。あえて玉袋を持ち上げる気力は
起きなかった(トーゼン)。仕方なく私は幸子の乳房を愛撫することにした。

「う、駄目だ」
突然Kが言った。そして最後の猛ダッシュをかけ、果てたよ うだった。
「これでも、もったほうなんだ」幸子と繋がったまま妙に冷静な声でKが言った。
「充分でしょ」私は答えた。

Kはシャワーを浴びにいった。幸子は脚を広げたままベッドに横たわってい
た。私は半立ちの肉棒をフェラチオしてもらおうとかも思ったがコンドームを
つけてしまっている。ゴムフェラならしないほうがましだった。私は取り敢え
ず指マン勝負に出た(笑)。

実は私、バックが好きである(笑)。 後背位ももちろん好きだが、女の子がう
つ伏せで顔をベッドにつけてまま腰をそらせてお尻を高く突き出している体勢
が好きなのだ。パックリと割れた陰唇からピンクの膣口、膣壁が覗けようもの
なら視覚的効果それだけでビンビンに復活する(笑)。

私は幸子をうつ伏せにして脚を開いた。極限まで開くと大抵の娘は腰が上がっ
てくるものだ。私は幸子の尻が持ち上がってくるまで大きく脚を開いた。幸子
の小さな丸い尻が持ち上がった。Kの肉棒で口を開いた膣口がヒクヒクと蠢い
ていた。私は人差指と中指をヒクついている幸子の膣に差し入れた。

「うっ」幸子がうめいた。
「痛くないよね」少し濡れが乾いていたので私は幸子に聞いたみた。
「うん。大丈夫」
私は幸子の膣壁をなぞるように二本の指を右へ左へとユックリと回転させた。
「わぁ、そんなのはじめて………」小さな声で幸子が言った。
尻を高くあげ大きく開かれた幸子の股間に2本の指が根元まで突き刺り、その
指がしなやかな弾力をもつ膣壁をはいずりまわっていた。愛液が再び溢れだし
てきてビチャビチャと音をたてはじめた。

肉棒に力が甦った。私は幸子をその体勢のままで中腰になり、硬くいきりたつ
肉棒の頭を無理矢理に押さえつけ、中腰のまま幸子のパックリと口のあいた膣
口にズブリと埋めた。
幸子の膣口が私の肉棒を締め付けてきた。私は更に奥に肉棒を進めた。子宮口
に肉棒のカリが当たっていた。

Kが再び私の背後に来ていた。
「すげぇ…丸見え………」
私はKには答えずに幸子の膣口の締め付けを味わいながらユックリと抜き差し
していた。やがてKがベッドに上がってきた。幸子の前に座ると幸子の顔をあ
げさせ、再びフェラチオさせはじめた。幸子も嫌な素振り一つ見せずにKの萎
えた陰茎を舐めはじめた。
私は膝をつき幸子の身体を思い切り突いた。身体が軽い分幸子がそのたびに大
きく揺れる。Kの陰茎を咥えているのが時たま外れてしまうほどに私はワザと
激しく幸子の身体を揺らした。
「こら…」Kが小さな声で言った。私の嫌がらせに気付いたのだった。


それにしても幸子はイカない娘だった。たぶん後背位ではあまり感じないのだ
ろう。私はフェラチオさせているKには悪いと思ったが幸子の身体を仰向け、
正常位にした。
「こっちの方がいいんでしょ?」私は幸子の身体を突きながら言った。
「いい」幸子は少し笑った。
私は正常位で挿入したま足を前に投げ出した。硬い肉棒が幸子の膣の上部を思
い切り押し上げる、私の陰茎の根元が痛いほどに。幸子のマ○コに私の肉棒が
突き刺さっている様子が一番よく見える体位だった。幸子が身体をのけぞらし
た。

「それがいい………」私は少しだけ腰を動かした。
「あっ、あっいいぃぃ」幸子は少し大袈裟とも思えるような声を上げた。私
には動きにくい体位であまり気持ちも良くないのだが、幸子にとっては一番感
じる体位らしかった。
Kがまた幸子にフェラチオさせていた。私はKにクリトリスを愛撫するように
合図した。Kが幸子の股間に腕を伸ばした。私の肉棒に触るまいとしながらS
子のクリトリスを右手で愛撫しはじめた。私はそのオッカナビックリの姿を見
て声を殺して笑った。

「ふぁあぁぁぁ、ふぁあぁぁぁ」
Kの陰茎を咥えつつも幸子がさらに喘ぎはじめた。Kのクリトリス攻撃も効いて
いるのだろう。
「あぁぁ、、、あぁいぃぃ、、、」Kはフェラチオをやめさせた。
私とKはシャカリキになって幸子を攻めた。
「うぅぅぅ、、、、」幸子の身体が屈み出した。幸子の痩せた腹に腹筋が浮くのが
見えた。
「いくぅぅぅ、、、」幸子はそうしぼりだすように声をあげた直後、身体の中
で何かが弾けるように思い切り背中をそらした。Kは驚いた表情を私に見せな
がらも、執拗にクリトリスを攻撃し続けた。私も腰を浮かせながら幸子の膣の
上の部分Gスポットを肉棒で攻め続けた。

クオクオっと激しく膣口が痙攣した。シーツを強く握り締めながら幸子は身体
一杯に登り詰めたことを表現して果てた。


幸子の身体が弛緩状態のままベッドに横たわっていた。私とKは幸子をはさん
で川の字になってベッドに寝た。私の肉棒にコンドームは装着されたままだっ
た。私は終わるタイミングを失っていたのだ。

「ヨカッタ、、、」
幸子が口を開いた。「私ね、いつもなかなかイケないの」
「そうなんだぁ、あはぁぁ………」Kが欠伸をしながらけだるそうに答えた。
朝の早いKにはシンドかったのだろう。すでに時計は3:00AMをまわっ
ていた。
私は自分の股間のコンドームが気になっていた。(うぅ~どうしよぉ~。)
右手でコンドーム付きの陰茎を触っていた私の気配に幸子が気付いたのか、私
の腕をたどってコンドーム付きの元気な肉棒に幸子の手が触れた。

「もしかして、終わってないの?」幸子が起き上がり私の顔をのぞきこんだ。
私は肯いた。
「出してあげるよ」幸子はそう言ってコンドームを両手で器用に取り去り、
私の肉棒を口に含んだ。
私は幸子のフェラチオでイケル自信はなかった。幸子の舌使いは丁寧だったが
今一つの相性のようだった。それに幸子も2人の肉棒を入れ替わり立ち代わり
咥えていたのだから顎も疲れているはずだった。さっさと終わらせてやりたい
と私は思った。
しばらくは幸子のするが侭に任せていたが、幸子が口を離したのをキッカケに
私はベッドに立ち上がった。幸子は私の肉棒を追いかけるように身体を起した。

幸子は肉棒を根元まで咥えるこんだ。私は幸子の頭を両手で押さえ自分で腰を
振った。幸子は全然嫌がらなかった。
「このくらいまで平気?」私は幸子の様子を見ながら聞いた。
「ふうん」幸子が肉棒を咥えたまま答えた。

幸子の舌が激しく私の肉棒の下側に刺激を与えた。幸子のフェラチオの場合、
私自身が腰を動かしたほうが快感だった。
私は快感のタカマリを我慢することなく幸子の喉のあたりに放出した。その瞬
間、幸子がむせてしまった。喉の奥深くまで突いてしまったのだ。私の肉棒は
精液を放出しながら幸子の口から離れた。幸子の頬に白濁したザーメンが飛び
散った。

寝ていたKを起して私達は一緒にホテルを出た。フロントのおじさんが3人同
部屋できるよ、と帰り際に教えてくれた(爆)。

こうして3人の初めての3Pが終わった。幸子をアパートまで送り、寝むそうな
Kを自宅まで送り、私は帰途についた。
東の空が明るかった。

翌日の深夜、幸子から再び電話が入った。
「今度はいつ?」

出典:Cafe Gentleman
リンク:Cafe Gentleman


ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!
 PR
 PR


ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!

関連タグ : 二次元, エロゲ, 画像, エロゲキャプチャー, エロゲSS, SS, スクショ, スクリーンショット,

 PR
 PR


ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!
 PR
 PR


ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!
 PR
 PR


ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!
 PR
 PR


ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!
 PR
 PR
陰核肥大、なんともいい感じですね。
今日はそんな大きく育ちすぎてしまった息子さん(?)…娘さん(?)特集。

こんな恥ずかしいデカザネ見られたら恥ずかしいねぇ?

じっくりと言葉責めしながら、巨クリをねちっこくしごいてやりたいです(///)




■子供のペニス程ある、巨大なクリトリスを吸引し、しごき上げる動画■


この大きさ…尋常じゃないです。僕もこんなに大きな女性には出会ったことがありません…
というか、こんなに大きなクリトリスを持った女性はなかなか居ませんよね(笑)

日本人に限れば、愛染セリカさんがデカザネをお持ちで有名ですが、
何でもその巨大クリトリスで男性のアナルを犯せるんだとか。
6センチのクリトリスなんて、尋常じゃないです。



■日本人の巨クリさんたち

日本人の肥大したクリトリス画像を集めてみました。
上の動画ほど大きくはありませんが、ゆっくりと時間をかけて育てれば
こんなに大きくなるモノなんですね。

■陰核肥大画像■陰核肥大画像■陰核肥大画像■陰核肥大画像■陰核肥大画像

■陰核肥大画像■陰核肥大画像■陰核肥大画像■陰核肥大画像■陰核肥大画像
■陰核肥大画像■陰核肥大画像


■陰核肥大化について~クリトリス育成講座~

こんなに大きく育ったクリトリスを跳ね上げられるとどんな気分?
なんてねちっこーく責めたい貴方に…

陰核肥大・クリトリスの育成方法について

僕なりにまとめてみました。(というか…結構前から実践中でした(笑))


方法その1
クリトリスポンピング

いわゆるクリットポンピング。毛穴ポンプで吸い上げたり、
注射器にゴム管や金魚のエアホース接続して吸い上げる。

バーマンセンター・クリトリスポンプ・セレーヌ
バーマンセンター・クリトリスポンプ・セレーヌ

ニップルポンプ
ニップルポンプ

▲クリトリスの肥大化は海外のほうが盛ん(積極的に行われている、)
海外からの輸入商品や、シンプルな商品がおすすめ

これに関しては、確実にサイズアップが可能みたいです。
彼女の陰核は元々大きめではあったのですが、クリトリスの包皮と癒着
していた部分が次第に取れてきたのか…なんと小さなカリが出来ました。
元々少し大きめだし、しっかりとした段差もあるし…

コイツ男だったら巨根なんじゃねーか?
と内心思ってますw

ポンピングしたクリトリスにきつめのゴム管を通した光景は
中々そそりますよ。
グッズの購入はこちらからどうぞ

アダルトグッズ:NLS



方法その2
副腎皮質系ホルモンや

トノスなど男性ホルモン入り軟膏等を使う



これの効果は…正直わからないと言ったところですが、
確実に彼女のクリも大きくはなっているので、まぁ続けています。
丹念にポンピングなり、口でしつこく吸引した後は
お薬塗っておくね。と言って塗ってたりしますし、
僕のあげた軟膏を自主的にも塗ってくれているようです。
こっちは、育成の補助位に考えておくのがベストでしょうか

追記・効果は抜群でした。
ただ、人によっては大きく育ちすぎてしまうかもしれません
ちゃんと本人の了承を得た上で行ってください。

それでは、よいデカクリライフを!


【おススメの動画】クリトリス責めに特化した有料動画はこちら!


ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!

関連タグ : クリットポンピング, 陰核肥大, クリトリス育成講座, デカクリ, クリトリス, でかざね, 陰核肥大画像, アダルトグッズ, ,

 PR
 PR
大学2年生の時にスワップ系のサイトのオフ会に応募して参加。
単なるお手伝いで参加したが、参加前にうっかりM系かもとメールに
売り込みをしていたのが後の祭り。
オフ会へ行ったら、最初は単なる飲み会。段々盛り上がってくると、
Sの男女と緊縛師の男が突然紹介されて登場。
そこになんと俺がM男だと紹介。俺は「えっえっえっ」と逃げようと
したが、たちまち三人に押さえつけられた上に俺も騒いでもどうにも
ならないと諦めてしまった。
全裸にされてグルグルに縛られて性器と肛門丸出しで宙づり。
猿ぐつわをかまされてSの男女に鞭でバンバン叩かれた挙げ句にお尻
にバイブを突っ込まれた。
不覚にも勃起してしまった俺は先走りを垂らしながら悶絶。
Mのスイッチが入ってしまった。
公開剃毛、公開浣腸にロウソクまで垂らされて挙げ句に参加
していたスワップ系の女性の手こきで強制射精。
終わった後は放心状態とはいえM男の快楽を覚えてしまった。
それ以来M男です。




163 :名無し調教中。:2007/08/24(金) 22:34:51 ID:7OCYEiqD
>>161
割と良いぞ
女だけじゃなく男にも見られてるのが新鮮
あとノーマルの人がやられるのもいい
正直保存した
もっとなんか書いてくれ



スワップ系ってとんでも無い変態だらけなのに、そんな連中から小馬鹿にされるほど
変態扱いされるんですよ。
情けないやら嬉しいやら・・・・
デジカメ撮影もされましたよ。
浣腸ではウンコが肛門から出るところをしっかり撮影したいから途中で止めろとか、
射精も出すときは言えとかね・・・
剃毛の時は参加した女の人たちに交代で剃られちゃいました。
なんでも普段は一緒の男性達に剃られているそうで逆をやってみたかったそうです。
男も女も反応がすごく良いのがまた良かったです。
みなさんもオフ会に参加するならスワップ系ですよ
[スワップ系のサイトのオフ会 (出会い系での体験談)]の続きを読む

ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!
 PR
 PR


ブログランキング 面白い記事だと思ったら↓をクリック!
人気ブログランキングへくる天 人気ブログランキングエログ-(エログランキング)
断然おトクなセット販売!

関連タグ : エロゲ画像, エロゲSS, エロゲ, 画像, アニメ, CG, 萌え,